認知言語学系研究室のイベント案内

1月25日 京都言語学コロキアム

日時:1月25日(土)13:30~
場所:総合人間学部棟 1107号室

・第一発表
発表者:朴敏瑛 (韓国外国語大学校日本語通翻訳学)
タイトル:局面と語彙アスペクト ―始動の局面を中心にー
キーワード:局面、語彙アスペクト(aktionsart)、限界、始動相
概要:現代日本語の時間表現の中には類義的な意味を持つ形式が少なくない。例えば、本発表の考察対象である「~しないうちに」も、動詞の表す動作や変化、状態がまだ始まっていない、開始の前の時を指している点で「~する前に」と共通している。「局面」とは、一つの出来事の持つ開始から終了までの内的過程の一部分を指し示しているが、未だ局面及び局面動詞についての研究は十分になされておらず、特に「~はじまる」と「~だす」などの類義表現の違いについてもほとんど解明されていない。従って本発表では、始動の局面を中心に、始動の以前の段階を表す「~する前に」と「~しないうちに」の違い及び始動の局面を表す「~はじめる」と「~だす」、「かける」についての考察を通して、局面及び局面動詞の捉え方の本質とは何かを追究し、特に動詞自体の持つ語彙アスペクト(aktionsart)が局面動詞(を含めて時間表現全体)の意味考察において極めて重要な手がかりになることを示唆したい。 

 

 ・第二発表
発表者:萩澤大輝(神戸市外国語大学大学院)
タイトル:語形成のそもそもを考える
キーワード:認知言語学、語の存在論、同一性、ミーム、素朴理論
概要:近年、哲学の領域において「語の存在論」をめぐって議論がなされている。しかし、あまり言語学の知見を参照していないために議論が深まっていないように思われる。一方、言語学の領域においても、同一性や変化など哲学的に重要な観点が十分検討されないまま理論構築が行われている。
そこで本発表は主に次の2つの議論を行う。(i)哲学領域における語の存在論をめぐる議論に対して、認知言語学の立場から応答する。(ii)語形成における諸概念について、同一性や変化の観点から検討を行う。語の存在論については、語の典型的な存在論的ステータスをミーム(模倣によって伝達される振る舞いの慣習的パターン)と考えることで問題の解決を図る。語の同一性と変化については、素朴実在論を棄却し、概念化者による体制化の産物として語を捉える「構成論」を主張する。

12月12日 言語フォーラム

日時:12月12日(木)13:00~

場所:総合人間学部棟 1107号室

・第一発表

発表者:神原一帆(谷口研究室D2)

タイトル: 役割名詞の類義語分析: フレーム意味論の観点から

キーワード: フレーム意味論,コーパス言語学,役割名詞,名詞の意味論,類義語分析

概要: 本発表はフレーム意味論を用いた役割名詞の類義語分析の手法を検討することを目的とする.フレーム意味論において,語の意味は理想的な状況を表すフレームとの関係から記述され,このフレームは状況の役割を表すフレーム要素から構成される,先行研究では類義関係にある動詞の意義をフレーム要素の分布から記述する方法が提案されている (cf. Atkins 1994).本稿では同様の手法を Education_teaching フレームにおける ⟨Student⟩ を表す “learner” と “student” という類義語に対して適用した結果を報告する.コーパス分析の結果,(i) フレーム要素の分布に基づく分析は類義語 の詳細な意味表示を与えることができるが,(ii) 時間のような周辺的なフレーム要素 (Ruppenhofer et.al 2016: 23–25) の分布が両者の意 味表示に重要な役割を果たす可能性が示唆された.なお,(ii) の結果は先行研究の結果とも整合する (cf. Fillmore 1994).

12月5日 言語フォーラム

日時:12月5日(木)13:00~

場所:総合人間学部棟 1107号室

・第一発表

発表者:森夏輝(谷口研究室M2)

タイトル:不一致認知説と不一致解消説の統合へ向けた語用論的考察

キーワード:笑い、不一致認知・解消説、語用論

概要:笑いが生じる説には、大きく分けて三つの説がある。すなわち、優位説、解放説、不一致説である。本発表の目的は、語用論的な概念を用いて、不一致説を精緻化することにある。談話の進行に伴いその場でアドホックに形成される文脈、演者と観客という三角関係のコミュニケーションであるオープンコミュニケーションの概念、この二つを用いて、不一致説の大まかな二つの主流である、認知説と解消説の統合を目指す。

11月30日 京都言語学コロキアム

日時:11月30日(土)13:30~

場所:総合人間学部棟 1107号室

・第一発表

発表者:氏家啓吾(東京大学 人文社会系研究科)
タイトル:認知文法から見た非飽和名詞(あるいは非飽和名詞から見た認知文法)
キーワード:非飽和名詞、認知文法、多義、関連フレーム、グラウンディング
概要:「あなたは会社員ですか」と尋ねられたときには「はい」か「いいえ」で答えることができるのに対して、「あなたは社員ですか」と尋ねられると返答につまってしまい「えっ、どこの会社のですか」などと聞き返すことになるだろう。このように「社員」という名詞は「〜の」に当たる要素を要求する点で意味的に不十分なのである。このような名詞を非飽和名詞という。「社員」「作者」「本場」「妹」「原因」「犯人」といった名詞が含まれるとされる。

しかし、そもそも非飽和名詞という名詞のカテゴリーを想定するべきなのか、想定するならばそれは語彙・文法の知識の中にどのように位置づけられるべきなのか。また、「意味的に不十分」とはどういうことなのか。こうした点については研究者の間で未だ一致した見解がない。

本発表では、スキーマのネットワーク、ベースとプロファイル、グラウンディングといった認知文法の道具立てを用いて非飽和名詞および関連する現象を分析する。そのことを通して認知文法の新たな側面に光を当てると同時に、その基本的な前提の一部を再検討する

 

・第二発表

発表者:黎燕(暨南大学外国語学院)

タイトル:多様化メトニミーと近接性

キーワード:メトニミー 近接性 多様化

概要:メトニミーの基盤となる近接性そのものには概念的連動性があると
言われているが、その概念的連動性はどのようになっているか、多様化メトニミー

には構文的に他の関連付けモデルが示唆されると考える。そこで、メトニミーを介する

意味拡張の考察を通して、私たち獲得された知識構造をどのように関係付けか、

多様化事態間への認知、近接性を成り立たせるフレームネットワークを導きしたい。

11月14日 言語フォーラム

日時:11月14日(木)13:00~

場所:総合人間学部棟 1107号室

・第一発表

発表者:近大志(谷口研究室 M2)

タイトル:慣習的表現の非慣習的読みに関する考察ー「文字通りのNP」を例にー

キーワード:語彙語用論、アドホック概念形成、異義兼用(ダブルミーニング)

概要:慣習表現(熟語、慣用句)は文脈によって非慣習的解釈を受ける場合がある(e.g. 爆弾に関する発言という意味で「爆弾発言」、トラの赤ちゃんという意味で「虎の子」)。

本発表は、非慣習的解釈が出現しやすい「文字通りのNP」に焦点を当て、その解釈プロセスの説明を試みる。

実例は主に新聞のデータベース(聞蔵II)やSNSから採取し、説明には関連性理論で表意形成プロセスの一環として仮定されているアドホック概念形成(cf. Carston 2002)を用いた。

そして、考察では次の3点を主張する。

①「文字通りの」は後続するNPの構成要素の符号化された意味にアクセスさせる機能を持つこと

②非慣習的解釈は語彙的収縮と語彙的拡大が同時に適用されることで導出されること

③慣習表現の非慣習的な使用は聞き手にダブルミーニングの把握をもたらす場合があり、その際、②の方略が関与すること

(語用論学会の発表練習です)

 

・第二発表

発表者:春日悠生(谷口研究室 D2)

タイトル:Searle の発話行為分類における assertive と expressive の連続性 ―日本語の文末表現ノダ・ダロウ・デハナイカを例に―

キーワード:発話行為、Searle、assertive、expressive、確認要求表現

概要:日本語文末表現の持つ個々の「用法」は、形式ごと/研究者ごとに独立して立てられることが多く、それらの比較が難しくなっている。本研究ではそのような用法の乱立を防ぐため、用法を「発話行為」と同一視し、Searle (1979) による発話行為の5分類を、用法記述に適した形に精緻化することを目的とする。

本研究では、文末にノダが用いられる発話 (以下「ノダ文」) が持ついくつかの用法を Searle の発話行為の分類に当てはめることを試みた。その結果、ノダ文の「受け止める用法」が、 Searle の発話行為分類における演述 (assertive) と表出 (expressive) の中間的な性質を持っていることがわかった。他にも、ダロウやデハナイカの「確認要求」等の用法も似た性質を持っていることから、Searleの分類における演述行為と表出行為の連続性を示し、その連続性が依拠する軸として「命題内容が話し手と聞き手の間で前提となっているか否か」と「命題に対する心理状態が強く表現されているか否か」の2軸を提案する。