認知言語学系研究室のイベント案内

2/15 自主ゼミ

日時: 2/25 13:00~ (zoom開催)
タイトル: 複合名詞意味研究 –N難民を例に–
発表者: 近 大志 (谷口研D1)
キーワード: 複合名詞,認知言語学,N難民
概要: 複合名詞 (N+N) は叙述要素を含まないため,意味の取り扱いが困難だとされる (cf. Downing 1977; Jespersen 1942).本発表の目的は,認知言語学 (Fillmore&Baker 2015; Sullivan 2012) の知見を援用し,(i)意味記述における一般性と具体性の両立  (ii)内心複合語および,多数の文献で外心複合語とみなされ,例外事例とされた比喩的複合名詞 (cf. Benzces 2006; Jackendoff 2010) に対する統一的説明 の2点が達成できるような理論的枠組みを提示することにある.この目的に従い,発表者は (a)高い生産性 (b)名詞間の多様な意味関係 (c)字義/比喩の連続性 を特徴とする複合名詞のパタン「N難民 」(e.g. コソボ難民,地震難民,ネカフェ難民,マスク難民) を具体例として考察する.

1/30 京都言語学コロキアム (KLC)

日時: 1月30日 (土) 13:00~

発表者:野澤元(京都外国語大学)・神原一帆(京都大学大学院)・高橋武志(京都外国語大学大学院)

タイトル:多様な詳述度を含む文のフレーム・構文構造についての考察-身体語彙を例にして-

キーワード:詳述度、スコープ、フレーム、概念化、構文

要旨: 認知言語学では、言語表現が産出・理解される際、その意味は単に客観的に捉えられた世界の表示ではなく、主観的に切り取られ、構造化された、「概念化」の産物だと考えられている。しかし、概念化はどのような表現単位毎に生じしているのかについては、明確にわかっていない。例えば、ある文に複数の参与者が含まれる場合、それらは常に単一のフレームとして概念化されるのか、それとも複数のフレームとなるのかという問題がある。特に、それらの参与者が、ドアとカギのように詳述度の異なるものであった場合、一つの概念化に収めるのは難しいのではないだろうか。 本稿では、身体部位を含む表現を事例として、具体的には、”with a hand”といった<with + 身体部位>の表現を含む文をコーパスから抽出し、その前後の文脈を調査することで、詳述度の水準に合わせて、異なる概念化が生じている可能性を検討する。また、そのような概念化のパターンに応じて、異なる構文が用いられていることを示唆する。

*オンライン開催です。参加を希望される方は、連絡をいただければzoomのID等をお知らせします。

 

12月5日 京都言語学コロキアム (KLC)

・日時: 12/5 (土) 13:00~
・発表者: 萩原 広道 (人間・環境学研究科 阪上雅昭研究室/日本学術振興会特別研究員)
・タイトル:言語発達初期における語の意味の未分化性と可塑的変化: 「胚性詞」仮説の検証に向けて
・キーワード:言語発達,語意学習,名詞と動詞,モノのカテゴリー
・要旨:多くの言語圏において,初期の語の多くはいわゆる〈モノの名前〉に対応する名詞が多くを占める。一方,乳幼児期の語は,成人の語と比較して未分化な意味をもっており,見かけ上名詞だからといって安易に〈モノ〉を指示しているとは限らないと考える理論家もいる。「語の意味は未分化な全体から特定の明確なカテゴリーへと変化する」と主張したウェルナーとカプラン(1963)の理論的仮説をもとに,本発表では,特に①名詞の意味は初期には《靴を履く》のように少なくとも〈モノ+行為〉の未分化な総体としての〈出来事〉に対応しており,〈モノ〉だけに分節化していない,②ある発達時期を境に,語の意味は〈出来事〉から分節化(脱文脈化)して,名詞は〈行為〉に左右されない〈モノ〉だけを指示するようになる,という下位仮説を立て,これらを検証した複数の研究成果を報告する。
*オンライン開催です。参加を希望される方は、連絡をいただければzoomのID等をお知らせします。

10月22日 言語フォーラム

日時: 10/22 (木) 13:00~ (zoom開催)
発表者: 角出凱紀 (谷口研M1)
タイトル: 【書評】 Elena Semino, Zsófia Demjén (eds). 2016. The Routledge Handbook of Metaphor and Language.
要旨: 表題の書籍をレビューする

10月15日 言語フォーラム

日時: 10/15 (木) 13:00~ (zoom開催)
発表者: 本澤拓 (谷口研M1)
タイトル: 【書評】 Miriam R.L. Petruck (ed). 2018. MetaNet.
要旨: 表題の書籍をレビューする