投稿者 ‘田丸歩実’ のアーカイブ
認知言語学系研究室のイベント案内

2月27日 京都言語学コロキアム

  • 日時:2月27日(土)13:30〜
  • 場所:総合人間学部棟 1107号室
    • 第一発表
      • 発表者:神澤 克徳(京都工芸繊維大学)
      • タイトル:形容詞による連体修飾の認知言語学的考察ー非典型例を中心として
      • キーワード:形容詞、連体修飾、非典型例、修辞性
      • 備考:形容詞による連体修飾では、名詞が表す事物の性質や状態を形容詞が修飾する、という一見単純な意味関係が見られると思われがちだが、実際の例を観察してみると、一筋縄ではいかないことが分かる。今回の発表では、非典型例を中心として、形容詞と名詞に見られる意味関係のパターンを整理する。また、いくつかの例では修辞性が感じられるものががあるが、そういった表現に見られる特徴を検討し、生成や解釈のメカニズムを解明するための示唆を提供する。
    • 第二発表
      • 発表者:梶丸 岳(京都市立芸術大学)
      • タイトル:色恋の掛唄はなぜ色恋だとわかるか
      • キーワード:掛唄、話題(トピック)、相互行為、計量テキスト分析
      • 備考:掛唄は秋田県で歌われている掛け合い歌である。この唄は民謡の旋律に完全に即興で歌詞をつけて歌を交わす点に特徴があり、その内容は多岐にわたっている。所属先の紀要論文として、21年分約2900首の書き起こし資料を対象に、掛唄の話題(トピック)を KH Coder(樋口 2014)を用いて定量的手法によって抽出する試みを行ったものを1月に投稿したが、そこでほとんど抽出することが出来なかったトピックが「色恋」的な内容であった。このトピックは実際には男性と女性の掛け合いになった際かなり高い確率で見られるのだが、抽出語の出現頻度や共起関係の分析からこのトピックをあぶりだすことは難しかった。
        そこで本発表では、やや微妙なものも含めて網羅的にこの話題に含まれそうな事例を取り上げ、個別に観察を行うことで、なぜ色恋的な掛け合いがそうであると主観的には判別できるのか(そして抽出語のみに注目した分析では判別できなかったのか)、キーワードや掛け合いのスタイルに注目して考えてみたい。おそらく内容はかなり予備的なものとなるだろうが、皆様からのさまざまな示唆をいただければ幸いである。

    1月28日 言語フォーラム

  • 日時:1月28日(木)13:00〜
  • 場所:総合人間学部棟 1107号室
    • 修論公聴会練習
      • 発表者:井上 拓也、岡久 太郎、吉川 真未 (谷口研究室 M2)

    1月21日 言語フォーラム

  • 日時:1月21日(木)13:00〜
  • 場所:総合人間学部棟 1107号室
    • 第一発表
      • 発表者:黒田 一平 (谷口研究室 D3)
      • タイトル:Investigations in Cognitive Grammatology
      • キーワード:文字・書記、漢字、ルビ、括弧、新規表現、記号論
      • 備考:博士論文執筆に向けて、これまで扱ってきた文字・書記体系に関するトピックがどのようにまとめられるのかを考えてみたいと思います。(発表は日本語です。)
    • 第二発表
      • 発表者:齋藤 隼人 (谷口研究室 D3・国立台湾大学言語学研究所交換学生)
      • タイトル:日本統治時代の台湾で描かれた新聞漫画におけるメタファーの分析
      • キーワード:マルチモーダル・メタファー、概念メタファー、新聞漫画、植民地主義
      • 備考:2015年2月より、国立台湾大学言語学研究所にて当地の資料に基づくメタファー研究を行っています。研究の進捗状況、経過報告を行います。
    • 第三発表
      • 修論公聴会練習

    12月19日 京都言語学コロキアム

  • 日時:12月19日(土)13:30〜
  • 場所:総合人間学部棟 1107号室
    • 第一発表
      • 発表者:久保 圭(大阪大学 非常勤講師)
      • タイトル:日本語接辞のふるまいから見る否定のタイポロジー
      • キーワード:日本語学、否定、接辞、意味的多様性
      • 備考:本発表では、発表者の博士論文に含まれる内容を一部抜粋して議論をおこなう。日本語の否定接頭辞である「不」「無」「非」「未」をはじめ、潜在的に否定をあらわす接辞についても考察し、否定の意味的なタイプ分けとその整理をする。
    • 第二発表
      • 発表者:長谷部 陽一郎(同志社大学)
      • タイトル:認知文法に基づく英語談話標識の概念構造分析
      • キーワード:談話標識、認知文法、構文、発話行為、階層的視点配置、注意フレーム、TEDコーパス
      • 備考:英語の談話標識については、語用論的な観点から様々な分類が行われてきた(e.g. Blakemore 1987; Schiffrin 1987; Fraser 1999, 2009)。また、文章理解の要として言語教育(cf. 松尾他 2015)や自然言語処理の領域(cf. Mann and Thompson 1988; Asher and Lascarides 2003)でも重視されてきた。しかし、形式的、意味的、機能的に多様なカテゴリーである故に、個々の事例の説明と分類に多くの力が注がれ、背後にある認知プロセスやカテゴリーとしての特質に関しては必ずしも十分に議論されていないように思える。そこで本研究では、Langackerによる比較的最近の論考(Langacker 2008, 2009)をもとに認知文法の観点から談話標識の問題にアプローチしたい。より具体的には、文レベルの認知プロセスとのつながりの中で様々な談話標識の位置付けと記述を試み、コーパスからの実例を用いた検証を行う。

    12月17日 言語フォーラム

  • 日時:12月17日(木)13:00〜
  • 場所:総合人間学部棟 1107号室
    • 第一発表
      • 発表者:河野 亘(谷口研究室 D3)
      • タイトル:英語の報告的証拠性構文の認知言語学的分析
      • キーワード:have it that 構文, 報告的証拠性, 伝聞, 引用, セッティング主語構文, 非人称のit