投稿者 ‘永井 宥之’ のアーカイブ
認知言語学系研究室のイベント案内

8月27日 京都言語学コロキアム年次大会 (KLCAM)

【京都言語学コロキアム 第14回年次大会】
日時: 2017年 8月27日(日)13:00~17:30 (会場受付 12:30~)
会場: 京都大学吉田キャンパス 総合人間学部棟 1102号室

1. 守田貴弘(京都大学)
タイトル:ダイクシス研究から考える「捉え方」の問題
キーワード:ダイクシス,類型論,捉え方,主観的/客観的事態把握
要旨:認知言語学において展開されている「意味は概念化であり,捉え方だ」「言語形式には認知が反映されている」という考え方を字義通りに解釈するならば,対照言語学的・類型論的研究は強烈な相対論に陥ってしまうことが避けられない.本発表では,移動表現研究におけるダイクシスに焦点をあて,「話者による捉え方」としか言いようのない意味がどのようなものかという例を示し,「捉え方」や「概念化」によって説明すべき意味的問題は非常に限定的であるという提案を行う.

2. 荒牧英治(奈良先端科学技術大学院大学)
タイトル:ビッグデータが明かにする新たな言語統計とその応用
キーワード:ソーシャルメディア,自然言語処理,ビッグデータ,医療応用
要旨:かつてない巨大なテキストデータが利用可能になりつつある.単に量が多いというわけではない.使用者に紐付いていたり,位置情報と紐付いていたり,言語知能指数や脳画像,疾患などと紐付いたデータなど,さまざまな情報が付与されたテキストデータが同時多発的に開発されつつある.遠くない将来,これらを利用した新たな言語応用研究が開花するであろう.本発表では,認知症,感染症,副作用といった医療応用事例をベースに言語がどのように実社会応用されつつあるのかを概観し,今後の研究の可能性を議論する.

3. 西光義弘(神戸大学名誉教授)
タイトル:注意配分システムとしての格表示
キーワード:格文法、構文交替、注意心理学、日英対照
要旨:本発表ではFillmoreの格文法の提案は根本的に間違っていたことを証明する。格文法の仮説は深層格を構文交替に基づいて同定し、目的語と主語は表層で現れるとした。その後この仮説は生成文法の中でθ理論と格理論として確定された。この様によく似たものが2つ存在するということは体系の経済性から言っても不自然である。本発表では目的語は行動において最も注意を集中する対象を表わし、英語のfor句は今目の前の行動の前あるいは後、または並行して起こる行動に対する周辺的な注意を表わしていることを受益者格を表わさない実例に基づいて観察する。With句については目の前の行動の直前から準備された継続的周辺注意を表わしているという仮説を同具格を表わさない実例に基づいて提出する。さらに日本語は何故英語と比べて「起点のヲ」、「経路のヲ」「状況のヲ」に見られるように幅広い目的語をとるのかということを日本人の注意の作戦から説明する。その結果、構文交替という余剰な現象がなぜ存在するかも説明される。

※ KLCAM終了後、懇親会を予定しております。お時間に余裕のある方は、是非ご参加ください。

7月13日 言語フォーラム

日時:7月13日(木)13:00~
場所:総合人間学部棟 1107号室
・第一発表
発表者:西村 綾夏(谷口研D1)・黒田 一平(龍谷大学/京都ノートルダム女子大学 非常勤講師)
タイトル:書き言葉の感情表現 —インターネットスラングに見られる「笑い」—
キーワード:「笑う」という行為には、ユーモラスな事態に対する反応だけでなく、対人関係の調節を目的としたものも存在する(e.g. 会話のチャンネルをつなぐための「笑い」)。話し言葉においては「笑い」は基本的に自発的・非意図的な行為であるが、書き言葉においてはどちらの種類の「笑い」も選択的・意図的に表される。そこで本研究では「2ちゃんねる」や「LINE」などの近年のネット上でみられる「笑い」を表す表現を採取し、会話分析の観点から話し言葉の「笑い」を分析した早川(2000)の分類との対比を試みる。さらに、それぞれの「笑い」を『発話事態モデル』(岡本 2010)におけるどの側面に焦点を当てたものかという観点から考察する。

6月29日 言語フォーラム

日時:6月29日(木)13:00~
場所:総合人間学部棟 1107号室
・第一発表
発表者: 岡久 太郎 (谷口研D2)
タイトル: Multimodal constructions that are easy to use, difficult to understand
キーワード: multimodal construction, gesture, disambiguation, syntactic ambiguity
備考: 7月に行われる国際認知言語学会 (ICLC) の練習です。発表、議論は全て英語で行います。
・第二発表
発表者:井上 拓也(谷口研D2)
タイトル:“Place” in the Ainu language: a View from Reference Point Structure and Affordance
キーワード:Affordance theory, Ainu language, place name, reference point structure, spatial expressions
備考:7月に行われる国際認知言語学会 (ICLC) の練習(ポスター発表)です。発表、議論は全て英語で行います。

6月24日 京都言語学コロキアム

日時:6月24日(土)13:30~

場所:総合人間学部棟 1107号室

・第一発表

発表者:許 逸如(国立台灣大学語言學研究所 (Graduate Institute of Linguistics, National Taiwan University) )

タイトル:Seeing Sounds: The Multimodal Metaphor of Visualized Sounds/Music in Music-themed Manga and Auditory-related Print Advertisements

キーワード:multimodal metaphor, synesthetic metaphor, musical-themed manga, print advertisement

備考:Multimodal metaphor studies investigate metaphors from multimodal discourse, including advertising, films, comics, music, etc. However, there is scant literature dealing with nonverbal cross-sensory representation between sounds/music and visual media. This study aims to bridge this gap through the examination of how sounds/music is represented in visual media, using Japanese music-themed manga and advertisements as examples. The study includes several genres of Japanese music-themed manga, including classical music, traditional Sokyoku, rock, and heavy metal music. In addition, the study investigates 130 auditory-related print advertisements, including advertisements of earphones, earplugs, speakers, etc. Our significant findings are described as follows. First, visual elements can represent invisible sounds/music by using metaphors, metonymies and symbols. Second, different genres of music exhibit different figurative representations. In fact,  different manifestations of visualized music somehow correspond with sound symbolism and “Bouba-kiki effect” (Ramachandran & Hubbard 2001). Also, the manifestation is based on the physical facts of sounds/music. Third, the results also show multi-modality phenomenon entailing synesthetic experiences. The study concludes with the statement that it sheds light on our overall understanding of the relationship between multimodal metaphor of sounds/music and visual media, and between metaphors and cross-sense synesthesia. It contributes to the theories of both multimodal metaphors and the relationship between metaphor, cognition and visual arts.

・第二発表

発表者:木本幸憲(名古屋大学人文学研究科日本学術振興会特別研究員PD)

タイトル:フィリピン型ヴォイスから事態類別体系へ:アルタ語の動詞形態論の歴史的発達と類型論的位置づけ

キーワード:アルタ語(ISO-639: atz)、フィリピン型ヴォイス体系、動詞形態論、事態認知、オーストロネシアの比較言語学

備考:本発表では、フィリピンのルソン島で話されているアルタ語の動詞形態論の意味的分析をベースにして、その通時的発達の推定と言語類型論的にみた当該システムの位置づけについて考える。特にこの言語では、フィリピン型のヴォイスシステムが変化した結果、事態類別体系ともいうべき機能を担うようになったことを論じる。

 

6月22日 言語フォーラム

日時:6月22日(木)13:00~
場所:総合人間学部棟 1107号室
・第一発表
発表者:井上優大 (谷口研M2)・春日悠生 (谷口研M2)・神原一帆 (谷口研M2)・佐藤雅也 (谷口研M2)・田中悠介 (谷口研M2)
タイトル:俺の言語観がこんなに科学的なわけがない
キーワード:科学、方法論
備考:現代の言語学では科学的であることが求められたり、良しとされることが多いが、その際の「科学」は人によって相当に異なる用いられ方をしている。本発表では、一般的な「科学」観と、言語学が科学をどう捉えてきたかを概観し、言語学が「科学」とどう向き合うべきかを検討する。