カテゴリー ‘Forum’ のアーカイブ
認知言語学系研究室のイベント案内

1月25日 フォーラム

 

日時:1月25日(木)15:00〜

場所:総合人間学部棟 1107 号室および Zoom

(参加を希望される方は taniguchi.info_at_gmail.com までご連絡下さい (_at_→@) )

 

タイトル:Frege-Geach Contextを生きる言語行為──条件文は主張の効力を「打ち消す」のか──

発表者:佐藤 雅也 (谷口研 D3)
キーワード:Frege-Geach Point, illocutionary force, conditionals, the unity of the proposition, force/content distinction
概要:「もしもコインが表なら、明日は外出しない」と言うとき、コインが表であるということを主張しているわけではない。にも関わらず、単に「コインが表である」と主張するときと同じように、コインが表であるという事柄についての何か、伝統的に命題と呼ばれてきたものを含むものではある (cf. Geach, 1965, p. 449)。素朴な推論に頼るのであれば、(i) 条件文には主張を主張たらしめるforceが存在せず、(ii) 命題は含まれている、と結論付けられる。近年、これら2つのテーゼは端的に矛盾するものであると指摘されている。Hanks (2015) が強調するように、命題は主張のforceが生み出すものである。このパラドックスを解消しようと試みるHanksの説明によると、条件文は「本来あるはずの」主張のforceをキャンセルするものであるという。しかし、Reiland (2012) が指摘するように、結局forceがキャンセルされてしまうのであれば、命題が条件文に残り続けている理由を説明できていないことになる。より有望なものとしては、「forceを伴う行為全体にはたらきかける条件化を可能にするのが条件文であり、それによりforceを含む行為へのコミットメントが保留になる」というSchmitz (2022) の理論があげられる。本発表では、基本的にはキャンセルの概念を持ち出すことを避けるSchmitzの提案を支持しつつも、擬似条件文を含んだいくらかの言語現象の説明が困難になることを指摘し、ある程度の理論の改訂が必要であることを明らかにしたい。

 

参考文献

Geach, P. T. 1965. Assertion. The Philosophical Review 74 (4): 449–65.

Hanks, P. 2015. Propositional Content. Oxford: Oxford University Press.

Reiland, I. 2012. Propositional Attitudes and Mental Acts. Thought: A Journal of Philosophy 1 (3): 239–45.

Schmitz, M. 2022. Force, Content and the Varieties of Unity. In Mras, Gabriele, and Michael Schmitz (eds), Force, Content and the Unity of the Proposition, 71–90. New York: Routledge.

 

1月18日 フォーラム

 

日時:1月18日(木)15:00〜
場所:総合人間学部棟 1107 号室および Zoom

(参加を希望される方は taniguchi.info_at_gmail.com までご連絡下さい (_at_→@) )

 

・第一発表

 

タイトル:スポーツ記事の見出しにみられるメタファーのもつ効果とその機序
発表者:新治 柚季 (谷口研 M2)
キーワード:news headline, conceptual metaphor theory, blending theory, topic-triggered metaphor, context
概要:本研究では、日本プロ野球記事の見出しにみられる比喩表現を事例に、メタファーの実現には記事の本文に書かれた実際の試合内容が影響を及ぼしうることを指摘する。また選択された表現に記事内容──本論文では〈コンテクスト〉と呼ばれる──の含意がどれぐらい付与されているかによって、事例の修辞性に差異があることも主張したい。具体的にいえば、前者にかんして従来の方法をアップデートしたブレンディングモデルによって事例の分析をおこなった。その方法とは、個別的な試合内容を示す〈コンテクスト〉のインプットスペースを試合や勝敗にかんする抽象的な知識構造からなる〈トピック〉を具体化するものとしてそのスペースの内部に配置することである。これにより、ブレンディングに使用されるスペース間の要素について、〈コンテクスト〉が導く限定的な写像関係を丁寧にはかることができる。またその写像関係が何組あるかによって、事例の修辞性に段階的な差のあることが明らかになった。
(例)猛牛、タカ打ち落とす 近鉄7-3ダイエー プロ野球7回戦 (「朝日新聞クロスサーチ」, 2003年5月13日)

 

・第二発表

 

タイトル:述語反復構文の機能に関する考察
発表者:藤原 望織 (谷口研 M2)
キーワード:述語反復構文、スケール、評価、二価志向性
概要:本研究は日本語の述語反復構文の機能を明らかにすることを目的とする。述語反復構文とは同語の反復全体で一つの述語を成す表現のことで、「食べるといえば食べる」や「美味しいことは美味しい」がその一例である。本研究は数ある述語反復構文のうち「XといえばX」「XことはX」「XっちゃX」を分析の対象とする。先行研究では当該の反復語句に関してその程度を下げることを構文の意味として持ち、構文ごとに用法差があることが指摘されている。一方で、それらの指摘に合致しない実例が観察される。そこで、本研究では構文の指定する領域、程度の低さの取り消し可能性、構文の用法差に関して調査を行い、これらをスケールの観点から考察した。それによって、① 述語反復構文はスケールの極大極小を除く中間的範囲を指定する ② 程度に関する尺度含意の取り消し可能性は語句の持つ評価性によって異なる ③ 語句が評価性を持つとき、マイナス評価のヘッジとして機能することが分かった。また構文の用法差について、「XことはX」と「XといえばX」「XっちゃX」を比較すると、前者の方が用法により多くの制約を持つことが分かり、スケールで指定する値をより限定させることが示唆された。

 

※ 公聴会での発表に向けた練習を行います。

 

12月14日 フォーラム

 

日時:12月14日(木)13:00〜

場所:総合人間学部棟 1107号室およびZoom

(参加を希望される方はtaniguchi.info_at_gmail.com までご連絡下さい (_at_→@) )

 

タイトル:ファッションブランドの SNS 投稿における絵文字の使用頻度と特徴

発表者:西村 綾夏 (所属フリー)、山崎 由佳(谷口研 D1)

キーワード:打ち言葉、絵文字、X(旧 Twitter)

概要:本研究では、ファッション小売チェーン「アダストリア」系列の20ブランドが運営するX(旧 Twitter)の投稿データをもとに、(RQ1)どのブランドにおいて絵文字の使用頻度が高いのか、(RQ2)どのような絵文字の使用頻度が高いのかを調査した。その結果、(RQ1)絵文字の使用頻度にはブランドのターゲット年齢層、価格帯、世界観が影響している可能性があること、(RQ2)ブランドによって絵文字のバリエーションに差があり、(i)突出してよく用いられる絵文字、(ii)とくに頻度の高いカテゴリ、(iii)ブランドごとの特色があることが明らかになった。

 

※本発表は言語処理学会第30回年次大会(NLP2024)への応募を目指すものです。皆様からの忌憚なきご意見をいただければ幸いです。

 

12月7日 フォーラム

 

日時:12月7日(木)15:00〜

場所:総合人間学部棟 1107号室およびZoom

(参加を希望される方はtaniguchi.info_at_gmail.com までご連絡下さい (_at_→@) )

 

書評:Richard Watson Todd. 2016. Discourse Topics. John Benjamins.

発表者:井上優大

キーワード:discourse topic, topic boundary, topic identification, topic development

概要:上記書籍の書評を行う。

 

11月30日 フォーラム

 

日時:11月30日(木)15:00〜
場所:総合人間学部棟 1107号室およびZoom

(参加を希望される方はtaniguchi.info_at_gmail.com までご連絡下さい (_at_→@) )

 

・第一発表

 

タイトル:カテゴリー化から見た「第 2 の X」
発表者:角出 凱紀 (谷口研 D2)
概要:本研究は、「第 2 の X」という表現についてカテゴリー化 (e.g. Langacker 1987) の観点から論じることを目的とする。通常「第 2 の X」によって指示されるのは、複数存在する X の指示対象の中で何らかの順序において 2 番目のものである (e.g. 第 2 の理由/第 2 の都市/・・・)。しかし、「第 2 の大谷翔平」「第 2 のツイッター」「第 2 のふるさと」のように、当該表現には必ずしもX が複数の指示対象を持たない事例が観察される。本研究では、Benveniste (1948) が指摘する序数詞の「補完機能」から、これらの非構成的な「第2 のX」がX をプロトタイプとするカテゴリーを新たに形成したうえで、指示対象を当該カテゴリーの拡張事例として提示するものとして分析することを提案する。その上で、「ほぼ X」「立派なX」等のヘッジ表現 (Lakoff 1973) との比較を通して、当該表現の特徴について考察する。本研究は、「第 3 のビール」「第 4 の壁」といった類似表現の分析にも援用可能なことが期待される。

 
・第二発表

 

タイトル:道具目的語構文から考えるヲ格の意味と機能
発表者:冨岡 侑央 (谷口研 D1)
概要:本研究の目的は道具目的語構文の容認性を予測するための条件について認知言語学の観点から考察することである。例えば「ハサミで何かを切る」という意味で「ハサミを切る」という表現が使われることがある。このように通常はデ格を伴って現れるような道具名詞 がヲ格を伴って現れるような構文を
道具目的語構文という。しかし全ての道具名詞でこうした交替が可能なわけではなく、例えば「洗剤で何かを洗う」という意味で「*洗剤を洗う」と言うことはできない。また道具目的語構文は「ハサミを切る音」のような連体修飾節内で容認されやすいことが知られている。本研究では、名詞の「道具らしさ」と文における情報価値が道具目的語構文の容認性を上げていることを主張する。また道具目的語構文とメトニミーとの興味深い類似点についても考察する。

 
・第三発表

 

タイトル:アリュージョンに関する認知言語学的な分析:構文文法と概念ブレンディング理論の接点
発表者:徳渕 樹 (谷口研 D1)
概要:本研究は、学術論文のタイトルにおいて度々用いられる戯曲 Hamlet の「アリュージョン」を認知言語学的な観点から分析することによって、「構文文法理論」と「概念ブレンディング理論」との接合に関する積極的な可能性を模索するものである。結果として、当該の構文 To X or not to X? は、もとのテクストに内在する抽象的な機能が X のスロットを埋めた融合表現の意味極に投射されることで、「X か X でないか?」という単なる選択肢の提示に止まらない「焦点となるような問題の提示」という非合成的な意味を付加的に実現していることが確認された。

 

※ 語用論学会での発表に向けた練習を行います。