カテゴリー ‘KLC’ のアーカイブ
認知言語学系研究室のイベント案内

5月26日 言語コロキアム

日時:5月26日(土)13:30~
場所:総合人間学部棟 1107号室

・第一発表

発表者:林智昭(近畿大学非常勤)
タイトル:「followingの前置詞的用法について」
キーワード:文法化、意味の漂白化、動詞派生前置詞
概要:本発表では、(主に記述文法を中心とする)先行研究の議論を踏まえつつ、前置詞的振る舞いをするfollowingを通時的・共時的に観察し、文法化の観点から考察を行う。

 

・第二発表

発表者:山崎香緒里(お茶の水大学大学院),岡久太郎(京都大学大学院)
タイトル:「多義語を用いた新奇表現の解釈―日本語を母語とする英語学習者を対象に―」
キーワード:新奇表現 解釈 定着度 構文文法 日本語を母語とする英語学習者
概要:本発表では、新奇表現の解釈に、話者がすでに獲得している慣習的表現の構文スキーマがどのように関わるのかをそれぞれの定着度の観点から議論する。用法基盤の言語学では、話者の言語理解と産出に構文スキーマが関わっていることは、広く受け入れられている。Taylor (2012)は、新奇表現を解釈する際、話者はすでに獲得した用法とのアナロジーを用いていると指摘している。しかし、このことは実験的に示されたわけではない。本研究では、英語動詞CUTを例に、話者が新奇表現を解釈する際、どのように構文スキーマが用いられているのかを考察した。

実験は、実験1、実験2が、それぞれ日本語を母語とする英語学習者30名を対象に行われた。実験1では、各学習者に対して、“cut the rope”のような慣習的表現を、どの程度聞き慣れているか、それらを具体的にどのように理解しているかを回答させた。実験2では、“cut the name”のような新奇表現を提示し、実験1で使用した慣習的表現のいずれと似ていると思うかをその理由とともに記述させた。これらの結果から、英語学習者が新奇表現を解釈する際に、どの定着した構文を、どのようにアナロジー的に用いているかを考察する。

2月24日 京都言語学コロキアム

日時:2月24日(土)13:30~
場所:総合人間学部棟 1107号室

・第一発表
発表者:友繁有輝 (大阪大学大学院)
タイトル:ケネディ大統領の演説分析 -アメリカン大学卒業式での演説 (1963)を対象にして-
キーワード : 概念メタファー、批判的談話分析
備考:ケネディ大統領のアメリカン大学卒業式での演説 (1963)を対象に主にメタファーを中心として批判的談話分析 (Charteris-Black 2011, 2014)の観点から演説を分析する。

・第二発表
発表者:佐野泰之(京都大学)
タイトル:ギュスターヴ・ギヨームと言語の現象学
キーワード:G. Guillaume、H. J. Pos、M. Merleau-Ponty、現象学、ラング、パロール、潜在性
備考:本発表では、20世紀フランスの言語学者ギュスターヴ・ギヨームの諸著作を、とりわけその言語哲学としての側面に注目して考察する。言語学の分野では、ギヨームは冠詞や時制についての研究業績を残したことで知られているが、他方で彼は、その独創的な言語理論によってメルロ=ポンティ、リクール、ドゥルーズといった20世紀フランスの哲学者たちにも大きな影響を与えた。ギヨームの言語理論の特徴の一つは、言葉というものを、産出されたdiscoursにおいてではなく、discoursを産出しつつある話者の思考プロセスの只中で記述しようと試みた点にある。本発表ではとりわけメルロ=ポンティのギヨーム評価を考察の糸口として、このような姿勢のもとで形成されたギヨームの言語理論が現象学の企てに大きな寄与をなしうるということを明らかにしたい。

12月23日 京都言語学コロキアム (KLC)

日時:12月23日(土)13:30~
場所:総合人間学部棟 1103号室

・第一発表
発表者:川口 聖(関西学院大学 手話言語研究センター)
タイトル:日本手話の漫画語源感情表現の分析
キーワード:日本手話、手話言語、概念メタファー、感情表現
備考:手話言語は図像性(iconicity)の高い言語と考えられている。空間的なものを手指モダリティで表す点において手話はもっとも図像性が高いが、感情表現のような抽象的な概念についてはどうだろうか。Taub(2001)は、アメリカ手話(American Sign Lanuage: ASL)の語形成過程として、iconic mappingとmetaphorical mappingというダブルマッピングモデルを提案している。
本発表では、日本手話の感情を表す手話単語には、Taubのダブルマッピングモデルで説明できるもののほか、日本文化的なものとして、漫画の慣用表現に基づくイメージを利用した表現があることを指摘する。また、日本手話の感情表現にどのような概念メタファーがあるか検討する。

・第二発表
発表者:津田洋子(京都大学人間・環境学研究科研修員)
タイトル:フランス語の現象描写文<NP+関係節>における冠詞の機能
キーワード:現象描写文、定名詞句、フレーム/スクリプト、voilà(here’s/there’s)、場所句
備考:フランス語には、(1)のように <名詞句+関係節>で、話し手がたった今知覚した事態を述べる文(現象描写文)がある。
(1) Le facteur qui passe !
the mailman who passes ‘The mailman is passing !’
この文タイプには、一般に定名詞句(定冠詞/所有形容詞+名詞句、固有名詞)が多く出現することが知られている。本発表では、たった今知覚した事態であるにもかかわらず、なぜ定名詞句(定冠詞)が用いられるのかを、フレーム/スクリプトの概念を用いて説明する。また、不定名詞句(不定冠詞)が用いられるのはどのような場合かについても考察する。(10月の日本フランス語フランス文学会での発表を修正した内容です)

10月28日 京都言語学コロキアム

日時:10月28日(土)13:30~
場所:総合人間学部棟 1107号室

・第一発表

発表者:堀内ふみ野(慶應義塾大学大学院)
タイトル:親子の会話における前置詞と副詞辞 ー響鳴のパターンに基づく分析ー
キーワード:響鳴 (resonance)、対話統語論 (dialogic syntax)、英語前置詞、副詞辞、親子のインタラクション
備考:英語圏の親子会話のコーパスを用いて子どもの前置詞・副詞辞の使用事例を観察し、Du Bois (2001, 2014) の対話統語論の枠組みに基づいて分析します。特に、対話統語論で重視される「響鳴」に着目して前置詞・副詞辞の産出事例を観察し、子どもの月齢に応じた響鳴の起こり方の変化や、前置詞と副詞辞それぞれの用法における響鳴の起こり方の特徴を示していきます。それを通して、子どもが親とのインタラクションの中で前置詞・副詞辞を習得する過程を探ります。

・第二発表

発表者:濵野寛子(名古屋学院大学)
タイトル:助数詞「件」の意味カテゴリーに関する認知言語学的分析
キーワード:カテゴリー化、意味拡張、スキーマ、ドメイン、イヴェント、formal性/official性
備考:事物を数える際に用いられる助数詞には、独自の事物の分類基準があり、その分類基準には我々の事物の「捉え方」が反映されていると言われる。従来、主要な助数詞の意味や用法に関して分析・記述がなされてきたが、まだ十分ではない。

本発表では、助数詞「件」を取り上げる。「件」は広く出来事を数えるとされるが、その使用をみると、どのような出来事でも「件」の対象となっているわけではなく、また、どのような文脈でも「件」が用いらるわけではない。本発表では、認知言語学の理論的枠組みから、こうした「件」の使用について分析を行い、スキーマにもとづいた「件」の意味拡張の認知プロセスを示し、ドメインの概念も援用しながら「件」の意味カテゴリーの記述を試みる。(本発表は、ICLC14のポスター発表の内容に基づいています)

8月27日 京都言語学コロキアム年次大会 (KLCAM)

【京都言語学コロキアム 第14回年次大会(共催:京都大学大学院人間・環境学研究科 学際教育研究部)】
日時: 2017年 8月27日(日)13:00~17:30 (会場受付 12:30~)
会場: 京都大学吉田キャンパス 総合人間学部棟 1102号室

1. 守田貴弘(京都大学) 司会:谷口一美(京都大学)
タイトル:ダイクシス研究から考える「捉え方」の問題
キーワード:ダイクシス,類型論,捉え方,主観的/客観的事態把握
要旨:認知言語学において展開されている「意味は概念化であり,捉え方だ」「言語形式には認知が反映されている」という考え方を字義通りに解釈するならば,対照言語学的・類型論的研究は強烈な相対論に陥ってしまうことが避けられない.本発表では,移動表現研究におけるダイクシスに焦点をあて,「話者による捉え方」としか言いようのない意味がどのようなものかという例を示し,「捉え方」や「概念化」によって説明すべき意味的問題は非常に限定的であるという提案を行う.

2. 荒牧英治(奈良先端科学技術大学院大学) 司会:伊藤薫(奈良先端科学技術大学院大学 研究員)
タイトル:ビッグデータが明かにする新たな言語統計とその応用
キーワード:ソーシャルメディア,自然言語処理,ビッグデータ,医療応用
要旨:かつてない巨大なテキストデータが利用可能になりつつある.単に量が多いというわけではない.使用者に紐付いていたり,位置情報と紐付いていたり,言語知能指数や脳画像,疾患などと紐付いたデータなど,さまざまな情報が付与されたテキストデータが同時多発的に開発されつつある.遠くない将来,これらを利用した新たな言語応用研究が開花するであろう.本発表では,認知症,感染症,副作用といった医療応用事例をベースに言語がどのように実社会応用されつつあるのかを概観し,今後の研究の可能性を議論する.

3. 西光義弘(神戸大学名誉教授) 司会:深田智(京都工芸繊維大学)
タイトル:注意配分システムとしての格表示
キーワード:格文法、構文交替、注意心理学、日英対照
要旨:本発表ではFillmoreの格文法の提案は根本的に間違っていたことを証明する。格文法の仮説は深層格を構文交替に基づいて同定し、目的語と主語は表層で現れるとした。その後この仮説は生成文法の中でθ理論と格理論として確定された。この様によく似たものが2つ存在するということは体系の経済性から言っても不自然である。本発表では目的語は行動において最も注意を集中する対象を表わし、英語のfor句は今目の前の行動の前あるいは後、または並行して起こる行動に対する周辺的な注意を表わしていることを受益者格を表わさない実例に基づいて観察する。With句については目の前の行動の直前から準備された継続的周辺注意を表わしているという仮説を同具格を表わさない実例に基づいて提出する。さらに日本語は何故英語と比べて「起点のヲ」、「経路のヲ」「状況のヲ」に見られるように幅広い目的語をとるのかということを日本人の注意の作戦から説明する。その結果、構文交替という余剰な現象がなぜ存在するかも説明される。

※ KLCAM終了後、カンフォーラ(京大吉田キャンパス本部構内)にて懇親会を予定しております。参加費は学生3000円、非学生4000円です。お時間に余裕のある方は、是非ご参加ください。