認知言語学系研究室のイベント案内

京都言語学コロキアム第11回年次大会 (KLCAM-11)

日時: 2014 年 8 月 31 日(日)13:00~17:30 (会場受付 12:30~)
会場: 京都大学吉田キャンパス 総合人間学部棟 1102号室
プログラム:

 司会:大谷 直輝(京都府立大学)

1. 高梨 克也(京都大学)
 「多人数会話における傍参与者の発言はどのように可能になるか?」
 キーワード:多人数会話、参与役割、傍参与者、共有知識、成員カテゴリー

2. 前川 貴史(龍谷大学)
 「数詞を含む名詞句の構造」
 キーワード:HPSG、統語論、数詞、名詞句

3. 黒田 航(杏林大学)
 「語形の担う情報の言語差:英語の単語はどうして(あんなに)覚えにくいのか?」
 キーワード:語彙習得効率、形態論の体系性、品詞情報量の言語差、形式概念分析、Formal Concept Analysis

※ 参加費: 恐縮ですが、会場費・印刷代等のため300 円の参加費をいただきます。
※ 懇親会: KLCAM終了後、懇親会を予定しております。
   お時間に余裕のある方は、是非ご参加ください。

<問い合わせ先>
京都大学大学院人間・環境学研究科
言語科学講座 認知言語学系研究室
電話(直通):075-753-7893

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

現在コメントは受け付けていません。