認知言語学系研究室のイベント案内

3月19日 自主ゼミ

  • 日時:3月19日(木)13:00〜
  • 場所:総合人間学部棟 1107号室
  • ※今回は、通常の自主ゼミとは形式を変え、ひとつの統一テーマに対し3人の方がそれぞれ発表するという形式をとります。

  • トークテーマ:「言語学の実践と方法に関する備忘録」
  • 今回は上記のテーマを設け、言語を研究する際に陥りがちな、いや実際に陥った失敗例も含めながら、言語研究の方法論と実践についてインフォーマルに議論できればと思います。
    • 第一発表
      • 発表者:木本幸憲(京都大学大学院 人間・環境学研究科研修員)
      • タイトル:言語研究とフィリピンでのフィールドワーク
      • キーワード:テーマの設定、先行文献の読み方、言語使用の参与観察
    • 第二発表
      • 発表者:小松原哲太(谷口研究室D3)
      • タイトル:レトリック研究と研究におけるレトリック
      • キーワード:言語学の修辞的方法、研究のトポス、論理性と説得性
    • 第三発表
      • 発表者:吉川正人(慶應義塾大学 非常勤講師)
      • タイトル:斬る前に刀を見よ—武器, 或いは凶器としての理論—
      • キーワード:理論指向性、観察の理論負荷性、メタ方法論

     

    トラックバック・ピンバックはありません

    トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

    現在コメントは受け付けていません。