認知言語学系研究室のイベント案内

11月24日 言語フォーラム

日時:11月24日(木)13:00~
  場所:総合人間学部棟 1107号室
  
第1発表:春日 悠生(谷口研究室M1)
タイトル:福岡県久留米市方言終助詞「タイ」とエビデンシャル ―文末詞ダ・ノダとの関係を通して―
キーワード:終助詞、準体助詞、エビデンシャル、方言
備考:実情理解の発話(聞き手の知識状態の変化を志向しないような発話)において、ダとノダがエビデンシャルの違いで使い分けられていることを主張する。また、久留米方言のタイとトタイが、ダとノダとは異なる基準で区別されていることを指摘し、Aikhenvald(2004)のエビデンシャルの分類にたいして「責任性」という新たな観点を提案する。(日本語用論学会の口頭発表の練習です。)

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

現在コメントは受け付けていません。