認知言語学系研究室のイベント案内

12月17日 言語コロキアム

 日時:12月17日(土)13:30~
 場所:吉田南総合館 南棟 2階 講義室216 (開催場所が普段と異なりますのでご注意ください。以下の地図もご参考ください。)

・第一発表
発表者:伊藤 彰規(神戸大学大学院人文学研究科)
タイトル: 移動と状態変化の概念的平行性と英語における表現パターンの研究
キーワード: 英語,移動表現,状態変化表現,Localism,イベント統合の類型論,コーパス
備考:空間表現と非空間表現(時間・状態変化表現等)に平行性が見られることは古くから指摘がされている (Localism)。特に空間移動と状態変化の平行性は多くの理論に取り込まれている (e.g., Gruber 1965, Jackendoff 1976, 1982, 1990, Lakoff 1993, Goldberg 1995, 他)。本研究ではTalmyのイベント統合の類型論をベースに,この平行性がどの程度イベントの言語化にも反映されるのかをコーパスデータを用いて考察する。

・第二発表
発表者:伊藤 薫(奈良先端科学技術大学院大学 研究員)
タイトル:テクストにおける結束性と アクティブゾーンの乖離
キーワード:メトニミー、アクティブゾーン、テクスト・談話分析
備考:一定のまとまりを持つテクストや会話の中で、1つの語を異なる意味で使用することは混乱を招いたり、ユーモラスな効果をもたらしたりします。しかし、そのような場合でも自然に理解でき、不自然さが生じない場合もあります。本発表では、ある小説からメトニミーが集中している部分を対象として認知文法や選択体系機能文法の立場から分析を行い、自然さの要因として参照点の一貫性が考えられることを論じます。
KLC 地図

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

現在コメントは受け付けていません。