認知言語学系研究室のイベント案内

1月26日 言語フォーラム

  日時:1月26日(木)13:00~
  場所:総合人間学部棟 1107号室

・第一発表
発表者:小野 瑞貴(谷口研究室 M2)
タイトル:英語受動文での前置詞の選択に関する考察
キーワード:受動文、前置詞、コーパス、他動性
備考:修士論文公聴会に向けた発表です。宜しくお願い致します。

・第二発表
発表者:西村 綾夏(谷口研究室 M2)
タイトル:「文体パロディ」から見る文体の構造 —「村上春樹風に」を例に—
キーワード:パロディ、文体論、構文文法、響鳴
備考:修士論文の内容を発表させていただきます。具体的な内容としては、「『文体』=constructionの一種である」という仮説を立てた上で、計量的な観点、および響鳴の観点から「文体」を構成する要素について検討します。

・第三発表
発表者:永井 宥之(谷口研究室 M2)
タイトル:日本語のエビデンシャリティについての研究―「-ている」を事例に―
キーワード:日本語学、エビデンシャリティ
備考:本論文の目的は、「-ている」(主文末における動詞の「-ている」形)の記述を通して日本語のエビデンシャリティがもつ特徴を明らかにすることである。エビデンシャリティとは、文の情報源を示す文法カテゴリーのことをいう。本論文では、日本語のエビデンシャリティがもつ特徴として、先行研究が示唆する次の2点を支持する。具体的には、 (i) 特定の情報源を示すのではなく、何らかの情報源が存在することを示す表現があるということ、(ii) 話し手が情報を入手した時点が重要であるということの2点である。(修論公聴会の練習です)

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

現在コメントは受け付けていません。