認知言語学系研究室のイベント案内

2月9日 自主ゼミ

日時:2月9日(木)13:00~
場所:総合人間学部棟 1107号室

・第一発表
発表者:井上 拓也(谷口研究室 D1)
タイトル:アイヌ語場所表現に見られる限定性について
キーワード:アイヌ語場所表現、限定性
備考:アイヌ語において、名詞(句)と格助詞が共起する際には、その間に「〜の上」などの意味を表す位置名詞(positional noun)を挿入する必要がある。この文法的制約を受けた表現は「場所表現」と呼ばれている。本発表では、場所表現の中で現れる指示詞、形式名詞、地名を含む場所名詞について、それぞれの場合で「限定性(definiteness)」がどのように実現されているのか、という観点から論じ、「場所表現」のスキーマ的意味に関する統一的な説明を試みる。

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

現在コメントは受け付けていません。