認知言語学系研究室のイベント案内

8月31日 自主ゼミ

日時:8月31日(木)13:00-
場所:総合人間学部棟1107号室

・第一発表
発表者:酒井啓史(谷口研M1)
タイトル: 英語の動詞teachに関する一考察
キーワード: teach,百科事典的知識,構文
備考:
  英語の動詞teachが構文形X teach Y Z / Z to Y,X’s experience teach Y Z / Z to Y (X=人,Y=人,Z=無生物) 使われたとき,XとYの人称が一致している場合と一致していない場合では,母語話者はともに適格で,両者に容認性で違いはないと判断する。一方コーパスを調べてみると,それぞれの場合では,頻度差に大きな開きがみられ,母語話者の実際の言語使用が異なるということがわかる。
  本稿では,構文形X teach Y Z / Z to Y,X’s experience teach Y Z / Z to Y (X=人,Y=人,Z=無生物) のXとYの人称が一致したとき,あるいは一致していないときで母語話者の言語使用が異なることを示し,その由来が我々の日常経験や常識 (いわゆる百科事典的知識) によるものであると主張する。

・第二発表
発表者:佐藤嘉晃(谷口研M1)
タイトル:スキーマから見るasの意味論ー接続詞asを中心にー
キーワード:プロトタイプ、スキーマ、プロファイル、動詞、類似性
備考:asの多義性を接続詞asにその焦点を絞り、asのスキーマとLangacker(1987)の品詞観をもとにasの多義性の有機的かつ一貫的説明を試みる。
(9月に行われる日本認知言語学会のポスター発表の練習です)

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

現在コメントは受け付けていません。