認知言語学系研究室のイベント案内

1月26日 言語コロキアム

日時:1月26日(土)13:30~
場所:総合人間学部棟 1107号室
・第一発表
発表者:北 雄介(京都大学デザイン学リーディング大学院)
タイトル:街歩きと都市の様相-空間情報付言語データと向き合う-
キーワード:様相、経路、時間、空間、人間
概要:我々は普段街を歩いているとき、どんなことを、どのようにして感じているのだろうか。本研究は、我々の街歩き体験を総合的に読み解く試みである。そのために被験者に実際に街を歩いてもらい、感じたこをを用紙に自由に記してもらうという一つの実験を行なった。そこで得られたのは、実際の都市空間という極めて豊穣なコンテクストをもつ「空間情報付言語データ」である。このデータを定量的・定性的に分析することで、街の雰囲気の在り方や、我々がそれを感じとるメカニズムに迫ることができた。発表者は普段、建築・都市や認知科学の分野での発表を続けている。今回は認知言語学の文脈のもと、特に空間情報付言語データのもつポテンシャルや、そのデータ取得・分析の方法論などにフォーカスして議論をしたいと考えている。

 

・第二発表
発表者:三阪日向(関西学院大学 文学研究科 博士課程前期)
タイトル:明暗を表すドイツ語の形容詞のメタファー拡張
キーワード:ドイツ語、明暗、メタファー拡張
概要:「明るい・暗い」のような視覚に関わる形容詞は、実際の視覚情報に関する描写だけではなく、場合によっては比喩的に用いられることもある。本発表では、ドイツ語の形容詞hell(明るい)とdunkel(暗い)を対象とし、それらが感情や知性の意味をはじめとするメタファー表現へと拡張するケースがあることをコーパスデータに基づいて指摘する。また、両形容詞のメタファー拡張に非対称性があることも指摘し、さらにその非対称性が何に起因するかを解明する。

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

現在コメントは受け付けていません。