認知言語学系研究室のイベント案内

2月7日 言語フォーラム

日時:2月7日(木)13:00~
場所:総合人間学部棟 1107号室
・第一発表
発表者:佐藤亜弓 (谷口研究室 D3),佐藤雅也 (谷口研究室 D1)
タイトル:失語症者の呼称反応の認知言語学的分析ー抽象度の違いに着目してー
キーワード:失語症、抽象的態度の障害、プロトタイプ理論、カテゴリー化
概要:失語症の評価において物品や絵カードの呼称課題を施行した際に、うどんの絵を見て「すうどん」、電話の絵を見て「プッシュボタンの電話」というように、基本レベルカテゴリーよりも下位語での表出や具体的で冗長性のある表現がみられることがある。これらは神経心理学の分野において「抽象的態度の障害」(Goldstein 1948)という失語症の一症状として数々の報告がなされている。本発表では、神経心理学での先行研究を概観した上で、そのような具体的な表現の表出の背後で働く認知的なメカニズムについて認知言語学のプロトタイプ理論の枠組みで検討する。

 

・第二発表
発表者:田中悠介 (谷口研究室 D1)
タイトル:構文としてのかきまぜ
キーワード:かきまぜ、構文文法、コーパス、自由語順
概要:日本語における語順の違いにおいて、意味の違いは認められていない。しかし、語順の違いを構文の違いとして捉え直すならば、基本語順文とその語順を入れ替えた文(かきまぜ文)には意味的な違いが見られると予測される。本研究では、現代日本語書き言葉均衡コーパスからサンプリングした基本語順文(SOV)とかきまぜ文(OSV)のヲ格名詞句を意味的観点から分類した結果を報告する。

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

現在コメントは受け付けていません。