認知言語学系研究室のイベント案内

5月30日 言語フォーラム

日時:5月30日(木)13:00~
場所:総合人間学部棟 1107号室
・第一発表
発表者:樊 毓(谷口研究室 M2)
タイトル:中国語における新規受身構文「被bei-XX」の意味と形式
キーワード:新規表現、受身構文、自動詞、動作主の意志
要旨:「被bei」という受身標識で特徴付けられる中国語受身構文は一般的に他動詞述語しか取れないが、近年「被失蹤beishizong(「失踪される」)」のように他動性のない自動詞を述語とする新規表現が現れる。路(2013)、Xiao (2016) などを踏まえた上、この新規構文が表す意味と動作主の意志による解釈の曖昧さ、構文の形式の特徴と制約(いかなる述語がこの構文に当てはまるか)、受身標識「被」をこの構文でどう捉えるべきかについて検討を行う。

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

現在コメントは受け付けていません。