認知言語学系研究室のイベント案内

7月18日 言語フォーラム

日時:7月18日(木)13:00~
場所:総合人間学部棟 1107号室

・第一発表
発表者:関根雅晴(谷口研究室 D1)
タイトル:他動性・自動性の観点から見た現代日本語のヴォイス関連構文
キーワード:態 (Voice) 、他動性、自動性、受動文
概要:現代日本語における態 (Voice) については、研究者によりその位置づけは様々であるが (cf. 金田一 1957, 寺村 1984, 他多数) 、おおむね、能動態、受動態、使役態、自発態、可能態などが認められている。態に関連する構文の分析にあたっては、構文要素である述部と名詞句の意味的な関係である他動性や自動性 (cf. Hopper & Thompson 1980, 角田 1991, 山梨 1995) といった観点からの考察が重要となる。本発表では、他動性と自動性に関する主要な先行研究とそれらをめぐる議論を概観したうえで、態関連構文のうち降格受動文 (益岡 1987, 2000) を取り上げ、他動性・自動性の観点から当該構文の性質とその位置づけを探る。

 

・第二発表
発表者:田中悠介(谷口研究室 D2)
タイトル:How do people understand linguistic empathy? The case of Japanese giving verbs
キーワード:language processing, linguistic empathy, mental simulation, salience
概要:(国際認知言語学会の発表練習です)Although two of the Japanese giving verbs ya-ru and kure-ru describe the same event, they are different in terms of speaker’s empathy: speakers use ya-ru and kure-ru when they empathize with the subject and the dative object, respectively (Kuno 1987). However, little is known regarding how people understand speaker’s empathy. In the current study, an experiment was conducted in which participants were asked to see a picture after reading either an age-ru (the verb used instead of ya-ru) or a kure-ru sentence, and judge if the pictured event match the described event. The results demonstrated that participants were faster to verify the picture drawn from the subject perspective and the dative object perspective when reading kure-ru sentences and age-ru sentences, respectively. These results can be explained by the notion of salience in Cognitive Grammar (Langacker 2008): people understand linguistic empathy by conferring salience to the participant with whom the speaker empathize.

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

現在コメントは受け付けていません。