認知言語学系研究室のイベント案内

7月25日 言語フォーラム

日時:7月25日(木)13:00~

場所:総合人間学部棟 1107号室

・第一発表

発表者:佐藤嘉晃(谷口研究室 D1)

タイトル:From Manner to Temporal Uses: Historical Changes of the English Subordinator As
キーワード:historical linguistics, polysemy, diachronic semantic change, shift in focus, as
概要:(国際認知言語学会の発表練習です)The English subordinator as is known to be polysemous in Present-Day English (PDE) (e.g. manner, time, and cause). The general semantic continuity between the temporal and causal uses is already pointed out by Traugott and König (1991) through the diachronic semantic study of since, but that of the manner and temporal uses is not investigated in detail. Therefore, this paper, based on corpus research, clarifies their semantic continuity and reveals what factors engendered these different uses. Specifically, it is pointed out that there has existed an intermediate case since the OE period and the degree, in addition to some additional factors, plays a nontrivial role of this semantic change to which the two concurring events are construed as inextricably being integrated.

 

・第二発表

発表者:岡久太郎(谷口研究室 D3)

タイトル: 認知語用論に論理形式は必要か?

キーワード: 論理形式、関連性理論、ガーデンパス文、予想統語仮説、予想論理仮説

概要: 認知語用論の分野において大きな影響力を持つ関連性理論では、言語理解に関わる推論の「素材」として、論理形式 (logical form) を仮定している。論理形式は統語処理部門の出力として、またそれに後続する推論処理を行う中央系の入力として位置づけられている。このモデルにおいて、統語処理は推論とは本質的に異なるものとして仮定されている。しかし、ガーデンパス文に代表されるように、オンライン処理において統語処理が文脈の影響を受ける (=推論が関わる) 現象が古くから報告されており、これは、予想統語仮説と予想論理仮説という概念装置を用いて説明されていた。しかし、この説明は関連性理論の最初期におけるものであり、近年の認知科学的研究が示す多様な現象を全て説明することは難しい。そこで、本発表では、論理形式という概念そのものの存在を問い直し、認知科学的により妥当なモデルの構築を目指す。

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

現在コメントは受け付けていません。