認知言語学系研究室のイベント案内

12月12日 言語フォーラム

日時:12月12日(木)13:00~

場所:総合人間学部棟 1107号室

・第一発表

発表者:神原一帆(谷口研究室D2)

タイトル: 役割名詞の類義語分析: フレーム意味論の観点から

キーワード: フレーム意味論,コーパス言語学,役割名詞,名詞の意味論,類義語分析

概要: 本発表はフレーム意味論を用いた役割名詞の類義語分析の手法を検討することを目的とする.フレーム意味論において,語の意味は理想的な状況を表すフレームとの関係から記述され,このフレームは状況の役割を表すフレーム要素から構成される,先行研究では類義関係にある動詞の意義をフレーム要素の分布から記述する方法が提案されている (cf. Atkins 1994).本稿では同様の手法を Education_teaching フレームにおける ⟨Student⟩ を表す “learner” と “student” という類義語に対して適用した結果を報告する.コーパス分析の結果,(i) フレーム要素の分布に基づく分析は類義語 の詳細な意味表示を与えることができるが,(ii) 時間のような周辺的なフレーム要素 (Ruppenhofer et.al 2016: 23–25) の分布が両者の意 味表示に重要な役割を果たす可能性が示唆された.なお,(ii) の結果は先行研究の結果とも整合する (cf. Fillmore 1994).

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

現在コメントは受け付けていません。