認知言語学系研究室のイベント案内

1月30日 言語フォーラム

日時:1月30日(木)13:00~
場所:総合人間学部棟 1107号室

・第一発表
発表者:近大志(谷口研究室M2)
タイトル: 「文字通り」の機能に関する考察
要旨: 本研究は「文字通り」という標識が発話解釈に貢献する機能について関連性理論 (cf. Sperber & Wilson 1995) の立場から考察したものである。
「後続表現の字義的意味を表す」という旨の辞書記述から大きく拡張して多数の用法が観察されており、先行研究によると、それらは複数の機能として措定されている。例えば、後続要素が比喩的意味であることを強調する機能だったり、後続表現が喚起する何らかの特徴が顕著であることを示す機能があるとされる。
このような背景をもとに、実際の文脈で「文字通り + 後続表現」が生起したときに、どのように発話解釈が行われるのか、という観点から「文字通り」の機能を規定した。
先行研究で提案されてきた機能を概観したのち、聞き手の発話解釈の観点から考えて機能が単一であるべきだと主張し、「文字に着目させることで特定の意味に話し手がコミットする」機能を提案した。次に、この機能に係る推論のあり方を補完する目的で関連性理論の枠組みを導入し、上記の機能を「「文字」という文脈を参照することで形成されるメタ表示から想定を引き出し、最も関連性の高い解釈を話し手の伝達意図として解釈せよ」という手続き的意味として規定した。最も関連性の高い解釈とは、話者が顕示的に伝達する特定の認知効果 (i.e. 強化・破棄・演繹) として定義される。
そして、具体例として「文字通りの NP」を取り上げた。伝達的関連性に基づく発話解釈ストラテジーを用いた解釈プロセスを提案し、個別の機能だと考えられていた「文字通り」の機能を実際の文脈に生起する用法だと捉えた上で、それらを導出するステップを説明した。
(2/4に開催される修論公聴会の練習です。)

 

・第二発表
発表者:森夏輝(谷口研究室M2)
タイトル:不一致理論の統合へ向けた笑いの語用論的考察
キーワード:笑い、不一致理論、アドホック文脈、オープンコミュニケ―ション、関連性の概念
概要:(本発表は修士論文公聴会の練習です。)
本研究の目的は、笑いが生じる理論である不一致理論について、従来論じられてきたものよりも、より説明力の高い理論を提案することにある。そこで、従来対立するとされてきた、不一致を認知しただけで笑いが起きるとする不一致認知理論と、不一致を認知したあとに不一致の解消が理解されることで笑いが起きるとする不一致解消理論に対し、その両方の理論それぞれの否定証拠を検討することによって、より広範な笑いのパターンを説明できる理論の構築を行った。具体的には、その場でやり取りされた文脈によって形成されるアドホック文脈、閉じた2者間のコミュニケーションを開いた第3者に向けて行うというオープンコミュニケーション、Griceの関連性の概念などの、語用論的な概念を導入することにより、不一致認知理論、不一致解消理論、そのどちらよりも説明力の高いRI認知理論の提案を行った。RI認知理論とは、関連性 (Relevance) と不一致 (Incongruity) が認知されたときに笑いが生じるとする新しい理論である。また、RI認知理論を用いて、実際の笑いの事例を分析した。

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

現在コメントは受け付けていません。