認知言語学系研究室のイベント案内

7月24日 京都言語学コロキアム

日時:7月24日 (土) 13:00~ *
発表者:井上拓也 (京都工芸繊維大学 非常勤講師)
タイトル:日本語の場所表現に関する認知言語学的分析:「場所性」の概念を再考する
要旨:「Xに行く」などの日本語の場所表現について、Xの位置に現れる名詞句の統語論的または意味論的な制約は「場所性」という概念を用いて論じられてきた(寺村 1968、田窪 1984、森山 1988等)。本発表では参照点構造(Langacker 1993)の観点からXの概念構造を分析し、さらに場所の提供する知覚や行為の可能性に基づく経験参照枠(井上 2020)を用いて分析することで、場所性の概念によらない説明を行う。
*本発表はZoomにて開催いたします。
参加希望の方は taniguchi.info[at]gmail.comまで連絡ください ([at]: アットマーク)

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

現在コメントは受け付けていません。