ようこそ認知言語学系研究室Webサイトへ
ようこそ、京都大学大学院 人間・環境学研究科 認知言語学系研究室へ。

当研究室では、「言語は人間の身体化された認知能力と運用能力に深く根差した存在である」という認知言語学的な視点から、言葉と言葉の背後に存在する認知のメカニズムの解明を目指しています。

研究室の情報については、左のメニューからアクセスしてください。
今後の予定

    11月8日 言語フォーラム

    日時:11月8日(木)13:00~
    場所:総合人間学部棟 1107号室
    ・第一発表
    発表者:森 夏輝(谷口研究室 M1)
    タイトル:Recanati, François. 2010. Truth-Conditional Pragmatics.
    キーワード:文脈主義、真理条件的語用論、モジュレーション、語用論的関数
    概要:表題の書籍の書評を行う。

     

    ・第二発表
    発表者:春日 悠生 (谷口研究室 D1)
    タイトル:「直後の行為を拘束する発話行為 — 終助詞ヨ・ネのふるまいの変化を例に —」
    キーワード:行為拘束型発話行為 (commissive)、終助詞ヨ・ネ、直後の行為
    概要:本発表では、日本語共通語の終助詞ヨ・ネを用いた特定の発話が、「(話し手や聞き手の)直後の行為を拘束する」ような発話行為となる際に、話し手や聞き手の知識状態と関連する形でそれらの終助詞のふるまいが変化する現象に注目する。また、日本語の命令文・依頼文における現象や、他の言語の現象においても、同じような発話行為の際に助詞などのふるまいが変化する例があることを指摘し、「(話し手や聞き手の)直後の行為を拘束する」タイプの発話行為が、他の発話行為とは独立した1つの行為類型として立てうることを示す。
    ※日本語用論学会における口頭発表の練習です。

    11月1日 言語フォーラム

    日時:11月1日(木)13:00~
    場所:総合人間学部棟 1107号室
    ・第一発表
    発表者:神原 一帆 (谷口研究室 D1)
    タイトル:「事態名詞の意味:フレーム意味論の観点から」
    キーワード:フレーム意味論,事態名詞,支持動詞
    概要:フレーム意味論において事態名詞の意味は支持動詞との組み合わせが1つの語彙単位として認められる.本研究では「事態名詞はそれ自体がフレームを喚起し,支持動詞はそのフレームの部分をプロファイルする」という仮説を実例のデータをもとに検討する.

    10月25日 言語フォーラム

    日時:10月25日(木)13:00~
    場所:総合人間学部棟 1107号室
    ・第一発表
    発表者:酒井 啓史 (谷口研究室 M2)
    タイトル:英語の動詞want + 補文の文法: コーパス調査に関する方針を考える
    キーワード:want, 補文, コーパス, 構文, 文脈
    概要:英語の動詞want+補文の振る舞いに関しては,先行研究で各々の研究者によって様々な容認性判断がなされている。want+TO-Comp. はほぼすべての先行研究で容認されている。一方,want+ING-Comp., want+THAT-Comp.は先行研究でも容認性が一致しているわけではない。本発表では,後者の形式の容認性の不一致は補文の意味の多義性と文脈によるものと考え,コーパスによって実証する際の方針と仮説を考えることを主眼とする。
    ※本発表は修論の主要部分をなすもので,皆さんから様々なアドバイスを頂けるとありがたいです。

    ・第二発表
    発表者:佐藤 嘉晃 (谷口研究室 M2)
    タイトル:参照点構造と従属接続詞as
    キーワード:参照点構造、カテゴリー化、従属接続詞、as
    概要:修論中間発表の改訂。参照点構造から従属接続詞asの多義的構造を導き出す事が可能であることを示す。