ようこそ認知言語学系研究室Webサイトへ
ようこそ、京都大学大学院 人間・環境学研究科 認知言語学系研究室へ。

当研究室では、「言語は人間の身体化された認知能力と運用能力に深く根差した存在である」という認知言語学的な視点から、言葉と言葉の背後に存在する認知のメカニズムの解明を目指しています。

研究室の情報については、左のメニューからアクセスしてください。

○お問合せについて:研究室の使用するメールアドレス taniguchi.info_at_gmail.com 宛のメールは、基本的に係担当者(院生)が先ず閲覧・対応するところとなります。教員(谷口)の直接の連絡先については、人間・環境学研究科の教員紹介ページをご参照ください。
今後の予定

    12月14日 フォーラム

    日時:12月14日(木)13:00〜

    場所:総合人間学部棟 1107号室およびZoom

     

    タイトル:ファッションブランドのSNS投稿における絵文字の使用頻度と特徴

    発表者:西村綾夏(所属フリー)・山崎由佳(谷口研究室D1)

    キーワード:打ち言葉、絵文字、X(旧Twitter)

    概要:本研究では、ファッション小売チェーン「アダストリア」系列の20ブランドが運営するX(旧Twitter)の投稿データをもとに、(RQ1)どのブランドにおいて絵文字の使用頻度が高いのか、(RQ2)どのような絵文字の使用頻度が高いのかを調査した。その結果、(RQ1)絵文字の使用頻度にはブランドのターゲット年齢層、価格帯、世界観が影響している可能性があること、(RQ2)ブランドによって絵文字のバリエーションに差があり、(i)突出してよく用いられる絵文字、(ii)とくに頻度の高いカテゴリ、(iii)ブランドごとの特色があることが明らかになった。

    ※本発表は言語処理学会第30回年次大会(NLP2024)への応募を目指すものです。皆様からの忌憚なきご意見をいただければ幸いです。

    12月7日 フォーラム

    日時:12月07日(木)15:00〜

    場所:総合人間学部棟 1107号室およびZoom

     

    タイトル:書評: Richard Watson Todd. 2016. Discourse Topics. John Benjamins.

    発表者:井上優大

    キーワード:discourse topic, topic boundary, topic identification, topic development

    概要:上記書籍の書評を行う。

    11月30日 フォーラム

    日時:11月30日(木)15:00〜
    場所:総合人間学部棟 1107号室およびZoom

     

    タイトル:カテゴリー化から見た「第2のX」
    発表者:角出 凱紀 (谷口研 D2)

     

    タイトル:道具目的語構文から考えるヲ格の意味と機能
    発表者:冨岡 侑央 (谷口研 D1)

     

    タイトル:アリュージョンに関する認知言語学的な分析:構文文法と概念ブレンディング理論の接点
    発表者:徳渕 樹 (谷口研 D1)

     

    ※ 語用論学会での発表に向けた練習を行います。なお、掲載の順番は発表当日のそれとは異なる可能性があります。