ようこそ認知言語学系研究室Webサイトへ
ようこそ、京都大学大学院 人間・環境学研究科 認知言語学系研究室へ。

当研究室では、「言語は人間の身体化された認知能力と運用能力に深く根差した存在である」という認知言語学的な視点から、言葉と言葉の背後に存在する認知のメカニズムの解明を目指しています。

研究室の情報については、左のメニューからアクセスしてください。
今後の予定

    12月5日 京都言語学コロキアム (KLC)

    ・日時: 12/5 (土) 13:00~
    ・発表者: 萩原 広道 (人間・環境学研究科 阪上雅昭研究室/日本学術振興会特別研究員)
    ・タイトル:言語発達初期における語の意味の未分化性と可塑的変化: 「胚性詞」仮説の検証に向けて
    ・キーワード:言語発達,語意学習,名詞と動詞,モノのカテゴリー
    ・要旨:多くの言語圏において,初期の語の多くはいわゆる〈モノの名前〉に対応する名詞が多くを占める。一方,乳幼児期の語は,成人の語と比較して未分化な意味をもっており,見かけ上名詞だからといって安易に〈モノ〉を指示しているとは限らないと考える理論家もいる。「語の意味は未分化な全体から特定の明確なカテゴリーへと変化する」と主張したウェルナーとカプラン(1963)の理論的仮説をもとに,本発表では,特に①名詞の意味は初期には《靴を履く》のように少なくとも〈モノ+行為〉の未分化な総体としての〈出来事〉に対応しており,〈モノ〉だけに分節化していない,②ある発達時期を境に,語の意味は〈出来事〉から分節化(脱文脈化)して,名詞は〈行為〉に左右されない〈モノ〉だけを指示するようになる,という下位仮説を立て,これらを検証した複数の研究成果を報告する。
    *オンライン開催です。参加を希望される方は、連絡をいただければzoomのID等をお知らせします。

    10月22日 言語フォーラム

    日時: 10/22 (木) 13:00~ (zoom開催)
    発表者: 角出凱紀 (谷口研M1)
    タイトル: 【書評】 Elena Semino, Zsófia Demjén (eds). 2016. The Routledge Handbook of Metaphor and Language.
    要旨: 表題の書籍をレビューする

    10月15日 言語フォーラム

    日時: 10/15 (木) 13:00~ (zoom開催)
    発表者: 本澤拓 (谷口研M1)
    タイトル: 【書評】 Miriam R.L. Petruck (ed). 2018. MetaNet.
    要旨: 表題の書籍をレビューする