ようこそ認知言語学系研究室Webサイトへ
ようこそ、京都大学大学院 人間・環境学研究科 認知言語学系研究室へ。

当研究室では、「言語は人間の身体化された認知能力と運用能力に深く根差した存在である」という認知言語学的な視点から、言葉と言葉の背後に存在する認知のメカニズムの解明を目指しています。

研究室の情報については、左のメニューからアクセスしてください。
今後の予定

    1月28日 京都言語学コロキアム (KLC)

     

    日時:1月28日(土)13:00~15:00

    場所:Zoomによるオンライン開催
    (参加を希望される方はtaniguchi.info_at_gmail.com までご連絡下さい (_at_→@) )

     

    タイトル:言語理解時の自己分裂と自己投入

    発表者:田中悠介 (福岡大学)

    キーワード:メンタル・シミュレーション、自己分裂、自己投入
    概要:人は言語を、その内容を心内でシミュレーションすることで理解している。そのようなシミュレーションの際、自己の行為を描写した文に対しては行為者視点、他者の行為を描写した文に対しては観察者視点が取得されることが明らかにされている。しかし、認知言語学における視点の議論を踏まえると、自己の行為を描写した文に対する観察者視点(自己分裂)や他者の行為を描写した文に対する行為者視点(自己投入)という可能性も考えられる。本発表では、これらの可能性を検証した実験の結果を報告する。

    12月22日 フォーラム

    日時:12月22日(木) 13:00~
    場所:総合人間学部棟 1107号室およびZoom

    (参加を希望される方はtaniguchi.info_at_gmail.com までご連絡下さい (_at_→@) )

    タイトル:メタファー明示構文「N1 のN2」について

    発表者:角出 凱紀 (谷口研 D1)
    キーワード:メタファー明示構文、自律性と依存性、構成素構造
    概要:「N1 のN2」構文が表す意味関係は非常に多様であることが良く知られている(e.g. 西山2003) が、件の構文がしばしばメタファーを喚起する(e.g. 鏡の海、ネットの海、炎の海) ことはほとんど無視されてきた。そこで、本発表は、メタファー明示構文としての「N1 のN2」の用法の分類、及び、Sullivan (2013, 2016)と同様に認知文法(e.g. Langacker 1987, 2008) の枠組みに則り、当該構文の分析を行う。

    12月8日 フォーラム

    日時:12月8日(木)13:00〜

    場所:総合人間学部棟 1107号室およびZoom
    (参加を希望される方はtaniguchi.info_at_gmail.com までご連絡下さい (_at_→@) )
    タイトル:日本語における道具目的語構文についての認知言語学的考察
    発表者:冨岡 侑央 (谷口研 M2)
    キーワード:格, 構文交替, 多重継承, メトニミー
    概要:「ハサミを切る」のように本来デ格を伴う道具名詞がヲ格を伴って現れることがある。本研究ではこのような道具目的語構文が容認されるための条件について考察する。道具目的語構文の産出を動機付ける原理の一つはメトニミーであり、もう一つは構文の多重継承である。特に後者に関して、道具の意味的な特性が道具を目的語とする他動詞構文を喚起することを主張する。