ようこそ認知言語学系研究室Webサイトへ
ようこそ、京都大学大学院 人間・環境学研究科 認知言語学系研究室へ。

当研究室では、「言語は人間の身体化された認知能力と運用能力に深く根差した存在である」という認知言語学的な視点から、言葉と言葉の背後に存在する認知のメカニズムの解明を目指しています。

研究室の情報については、左のメニューからアクセスしてください。
今後の予定

    10月17日 言語フォーラム

    日時:10月17日(木)13:00~

    場所:総合人間学部棟 1107号室

    ・第一発表

    発表者:朝本美波(谷口研究室 M1)

    タイトル:Kevin Ezra Moore. 2014. The Spatial Language of Time: Metaphor, Metonymy, and frame of reference. Amsterdam: John Benjamins.

    キーワード:メタファー,メトニミー,時間メタファー,参照枠,身体的経験基盤

    概要:表題の書籍の書評を行います.

    10月10日 言語フォーラム

    日時:10月10日(木)13:00~

    場所:総合人間学部棟 1107号室

    ・第一発表

    発表者:北原匠(谷口研究室 M1)

    タイトル: Huang, Y. 2000. Anaphora: A Cross-linguistic Approach, Oxford: Oxford University Press.

    キーワード: 照応、照応詞の分布、指示対象の特定、通言語的研究
    概要:表題の書籍の書評を行う。

    10月5日 京都言語学コロキアム

    日時:10月5日(土)13:30~

    場所:総合人間学部棟 1107号室

    ・第一発表

    発表者:西本希呼(人間・環境学研究科 特定研究員)

    タイトル:数詞のない言語を追い求めてーボリビア多民族国家より

    キーワード:数の認識、言語調査、人工的数詞、心のものさし、南米インディアン言語

    概要:数詞のない言語と記録されていたある言語を追い求めて、私は2019年2月にボリビア多民族国家のサンタクルス州を車で毎日何百キロも走り調査を行った。本発表では、調査の臨場的報告に加え、(1)人はなぜ数えるのか、(2) 数の認識に共通性はあるのか、(3) あなたの/私の心のものさしとは?の三点を考察する。

     

    ・第二発表

    発表者:三野貴志(大阪大学 言語文化研究科)

    タイトル:動詞comeを伴うthere構文の記述的研究

    キーワード:存在のthere構文、主語名詞句、構文文法、(時間) メタファー

    概要:There comeは、現在時制で用いられた場合 (there comes)、意味上の主語には時間表現が多く生起し、他のthere構文とは異なる独自の振る舞いを示す。本発表では、この表現 (There comes 時間表現構文) に関してその振る舞いを共時的観点から考察を行い、この構文独自の意味・機能を議論する。加えて、類型論的、通時的観点にも対象を広げ、動詞に課せられる制約と意味上の主語との関わりを検討する。また、There comes時間表現構文の通時的変遷のデータを元に、この表現を時間メタファーの枠組みで考察する。