ようこそ認知言語学系研究室Webサイトへ
ようこそ、京都大学大学院 人間・環境学研究科 認知言語学系研究室へ。

当研究室では、「言語は人間の身体化された認知能力と運用能力に深く根差した存在である」という認知言語学的な視点から、言葉と言葉の背後に存在する認知のメカニズムの解明を目指しています。

研究室の情報については、左のメニューからアクセスしてください。
今後の予定

    6月1日 フォーラム

     

    日時:6月1日(木)13:00〜
    場所:総合人間学部棟 1107号室およびZoom
    (参加を希望される方はtaniguchi.info_at_gmail.com までご連絡下さい (_at_→@) )

     

    タイトル:人名の普通名詞化について
    発表者:角出 凱紀 (谷口研 D2)
    キーワード:メトニミー, ファセット, 構文文法, 語彙意味論
    概要:従来の特定の人物を指示するのみとされる人名であるが、しばしば普通名詞のように扱われ 、(1) 「~という人」; (2)「~のような人」(e.g. I want to be an Einstein.) : (3)「~による作品」(e.g. I bought a Picasso.)といったように解釈されることがある。本発表では、件の現象に対して、メトニミーとファセット及び構文が与える影響といった観点から分析と考察を試みる。

     

    5月27日 京都言語学コロキアム (KLC)

     

    日時:5月27日(土)13:00〜15:00
    場所:総合人間学部棟 1107号室およびZoom
    (参加を希望される方はtaniguchi.info_at_gmail.com までご連絡下さい (_at_→@) )

     

    タイトル:語彙分析からオントロジーへ: 意味役割付与における曖昧性の検討をとおして
    発表者:神原一帆(立命館大学 言語教育センター/R-GIRO)・野澤元(京都外国語大学)・高橋武志(京都外国語大学[院])
    キーワード:フレーム意味論,意味役割付与,QCM (Quantitative Corpus Method),参与可能性
    概要:文における意味役割の分布は,文意の理解について考える上で一つの大きな問題を提示する.例えば,(1)と(2)はともに動詞をreplaceとするSVOの構文であるが,意味役割の配列が前者ではAGENT+OLD,後者ではNEW+OLDと異なっている.
    (1) [ John] replaced [ the broken door].
    (2) [ Psychology] replaced [ sociology] in many fields.
    このように統語役割と意味役割が一致しない場合,聞き手は何らかの情報から,意味役割の配置を推定することが必要となる.しかし,どのような情報によってそれが行われているのかは,これまで明確にされてこなかった.
    本研究では,名詞句の意味特徴や付加詞の有無といった一般的な情報が,意味役割配置の同定にどの程度寄与するのか調べるために,BNC Babyから抽出された331件の事例に対して,意味的,統語的特徴とともに,正解の意味役割配列を人手でアノテーションし,条件付き推論樹やランダムフォレストといった推論統計的手法を用いて分析した.
    その結果,多くの事例については一般的な意味的,統語的特徴で意味役割配置の同定は可能であるものの,それだけでは不十分な事例もあり,参与者のより詳細な存在論的な情報が必要であることが示唆された.

     

    5月25日 フォーラム

     

    日時:5月25日(木)13:00〜
    場所:総合人間学部棟 1107号室およびZoom
    (参加を希望される方はtaniguchi.info_at_gmail.com までご連絡下さい (_at_→@) )

     

    タイトル:漢語サ変動詞「感染する」の多義性の検討-共起関係および格体制を中心に-
    発表者:白石 暖哉 (谷口研 M1)
    キーワード:漢語サ変動詞、コーパス、多義性、意味拡張、捉え方、行為連鎖
    概要:漢語「感染」およびそのサ変動詞「感染する」について、従来の辞書では「ヒトがウイルス/病気に感染する」という構文が掲載されるのみで、実際には「ウイルスがヒトに感染する」という構文が無視できない程度に観察される言語事実を反映していない。本研究の目的は、動詞「感染する」の包括的な意味記述を行うところにあり、上記の構文の差異は「捉え方(construal)」が関わる異義だとして、メタファー・メトニミー的意味拡張がもたらす多義的異義とは区別し、認知文法の行為連鎖を取り入れた分析を行う。この目的のもと、現代日本語書き言葉均衡コーパス(BCCWJ)を用いて「感染する」が出現する用例を収集し、共起関係や格体制を分析するのと同時に、「感染する」の他動性、さらには現れるヴォイスや格体制といった統語的特徴も調査する。