ようこそ認知言語学系研究室Webサイトへ
ようこそ、京都大学大学院 人間・環境学研究科 認知言語学系研究室へ。

当研究室では、「言語は人間の身体化された認知能力と運用能力に深く根差した存在である」という認知言語学的な視点から、言葉と言葉の背後に存在する認知のメカニズムの解明を目指しています。

研究室の情報については、左のメニューからアクセスしてください。
今後の予定

    6月13日 言語フォーラム

    日時:6月13日(木)13:00~

    場所:総合人間学部棟 1107号室

    ・第一発表

    発表者:神原一帆(谷口研究室 D2)

    タイトル「安楽椅子から立ち上がる:コーパス基盤研究に向けて」

    キーワード: コーパス,Sketch Engine
    概要:本発表の目的は三つある.(i) コーパス調査を仮説検証のために用いるコーパス基盤研究 (corpus based approach) の概要を説明し,(ii) Sketch Engineの機能を概観する.(iii) (i) と (ii) の内容をふまえ,簡易な事例研究を行った結果を報告する.

     

    ・第二発表

    発表者:岡久太郎(谷口研究室 D3)

    タイトル「統語境界を示す韻律的特徴について」

    キーワード:音声発話、統語的多義文、ダウンステップ、句末音調

    概要:本発表では、複数タイプの統語的曖昧文の発話の曖昧性解消に利用される韻律的情報について実験から得たデータを用いて検討する。日本語の音声発話において、有格語が連続して発話される場合、その間に統語境界が存在しない場合、後続語のピッチの最大値が先行語の最大値よりも下がる現象(i.e. ダウンステップ)が観察される一方で、統語境界がその2語の間に存在する場合、ダウンステップが生じなくなるという結果が、これまでの研究で報告されている。また、統語的曖昧性解消のタスクにおいて、統語境界の直前の語の末尾の音素の発話時間が相対的に長くなることも確認されている。しかし、これらの研究の多くは「黒いゲーム機のボタン」のような名詞に対し形容詞的要素が修飾する際の統語的曖昧性を取り扱っており、「力強く投げられた ボールを打った」のような動詞句に副詞的要素がかかる場合等についての検討は行われていない。そこで、本研究では、様々なタイプの統語的曖昧文を刺激として用意し、意味の違いに応じて、どのような韻律的な差異が生じるかどうかを調査した。

    6月6日 言語フォーラム

    日時:6月6日(木)13:00~
    場所:総合人間学部棟 1107号室
    ・第一発表
    発表者:春日悠生(谷口研究室 D2)
    タイトル「Searle の発話行為分類における assertive と expressive の関係 ―確認要求表現を例に―」
    キーワード:Searle、発話行為、確認要求表現
    概要:本発表では、Searle (1975, 1979) による発話行為の5分類を、日本語の文末表現の諸用法に応用することを試みる。ノダの「把握」用法や、ダロウ/ジャナイカ/ヨネなどの「確認要求表現」(cf. 蓮沼 1995, 三宅 2011) を発話行為の観点から捉えようとする際に、assertive と expressive の判断が困難になる事例を指摘し、文末表現の記述に Searle の分類から応用できる観点にはどのようなものがあるかを考察する。

    5月30日 言語フォーラム

    日時:5月30日(木)13:00~
    場所:総合人間学部棟 1107号室
    ・第一発表
    発表者:樊 毓(谷口研究室 M2)
    タイトル:中国語における新規受身構文「被bei-XX」の意味と形式
    キーワード:新規表現、受身構文、自動詞、動作主の意志
    要旨:「被bei」という受身標識で特徴付けられる中国語受身構文は一般的に他動詞述語しか取れないが、近年「被失蹤beishizong(「失踪される」)」のように他動性のない自動詞を述語とする新規表現が現れる。路(2013)、Xiao (2016) などを踏まえた上、この新規構文が表す意味と動作主の意志による解釈の曖昧さ、構文の形式の特徴と制約(いかなる述語がこの構文に当てはまるか)、受身標識「被」をこの構文でどう捉えるべきかについて検討を行う。