連絡先 anchor.png

nagai.hiroyuki.77z_at_st.kyoto-u.ac.jp
( _at_ を@に置き換えてください)

Page Top

経歴 anchor.png

Page Top

学歴 anchor.png

2015年 北海道大学 文学部 卒業
2015年 京都大学大学院 人間・環境学研究科(修士課程) 入学
2017年 京都大学大学院 人間・環境学研究科(修士課程) 修了
2017年 京都大学大学院 人間・環境学研究科(博士後期課程) 入学

Page Top

職歴 anchor.png

2016年4月~2019年3月 京都大学 人間・環境学研究科 ティーチング・アシスタント
2017年2月~2018年3月 奈良先端科学技術大学院大学 ソーシャル・コンピューティング研究室 研究技術員
2019年4月~現在 近畿大学 理工学部 非常勤講師

Page Top

研究発表 anchor.png

  1. 永井宥之「情報参照標識としての「-ている」」(第17会日本認知言語学会 口頭発表 明治大学 2016年9月)
  2. Kaoru Ito, Hiroyuki Nagai, Taro Okahisa, Shoko Wakamiya, Tomohide Iwao and Eiji Aramaki. J-MeDic: A Japanese Disease Name Dictionary based on Real Clinical Usage. (11th edition of the Language Resources and Evaluation Conference, May 2018, Miyazaki (Japan))
Page Top

研究論文 anchor.png

  1. 永井宥之 「情報参照標識としての「-ている」」(『日本認知言語学会論文集』17: 221-220, 2017年)
  2. 荒牧英治・若宮翔子・矢野憲・永井宥之・岡久太郎・伊藤薫「病名アノテーションが付与された医療テキスト・コーパスの構築」(『自然言語処理』25(1), 2018年(技術資料))
  3. Daisaku Shibata, Kaoru Ito, Hiroyuki Nagai, Taro Okahisa, Ayae Kinoshita, Eiji Aramaki:Idea density in Japanese for the early detection of dementia based on narrative speech, PLOS ONE 13(12): e0208418. article
Page Top

学位論文 anchor.png

  1. 永井宥之「日本語のエビデンシャリティについての研究―「-ている」を事例に―」京都大学大学院 人間・環境学研究科 修士論文 2017年
Page Top

フォーラム・自主ゼミ anchor.png

  1. 「「ている」の観察的意味についての考察」(2015年9月自主ゼミ)
  2. 「書評: Louis de Saussure, Jacques Moeschler and Genoveva Puskás (eds.). 2007. Recent Advances in The Syntax and Semantics of Tense, Aspect and Modality.」(2015年10月フォーラム)
  3. 「「-ている」の事態把握と知覚」(2016年4月フォーラム)
  4. 「慣用表現のテンス・アスペクト形態について―「足を洗う」を例に―」(2016年6月フォーラム)
  5. 「「発見」の「-た」と長期記憶」(2017年6月フォーラム)
Page Top

所属学会 anchor.png

日本認知言語学会


Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename Reload   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 2762, today: 2, yesterday: 2
Last-modified: 2019-05-16 (Thu) 15:26:24 (JST) (31d) by hnagai