1. Yusuke Tanaka (3d)
    • 2019-07-14 (Sun) 11:54:03 by ytanaka diff
      1. Tanaka, Yusuke. "Semantic property in scrambled constituents: The case of objects in Japanese transitive sentences" The 44th Meeting of the Kansai Linguistic Society. Oral presentation. Kansai University. July 2019.
  2. Taro Okahisa (17d)
    • 2019-06-30 (Sun) 23:37:13 by tokahisa diff
      • Daisaku Shibata, Kaoru Ito, Hiroyuki Nagai, Okahisa, Taro, Ayae Kinoshita, Eiji Aramaki:Idea density in Japanese for the early detection of dementia based on narrative speech, PLOS ONE 13(12): e0208418.
  3. Taishi Chika (40d)
    • 2019-06-08 (Sat) 02:39:16 by tchika diff
      • Giora, Rachel (2003) On Our Mind: Salience, context, and figurative language 書評 (2018年 10月 フォーラム)
  4. MemberList (58d)
    • 2019-05-20 (Mon) 19:42:24 by tkitahara diff
      北原匠認知言語学、照応 
  5. Takumi Kitahara (58d)
    • 2019-05-20 (Mon) 19:34:43 by tkitahara diff

      フォーラム等 anchor.png

  6. Member (62d)
    • 2019-05-16 (Thu) 23:12:37 by ysato diff
      Yoshiaki Satocognitive grammar, polysemy, conjunction 
  7. Minami Asamoto (62d)
    • 2019-05-16 (Thu) 15:34:11 by masamoto diff

      2015年4月 京都大学 総合人間学部 総合人間学科 入学 2019年3月 京都大学 総合人間学部 総合人間学科 卒業 2019年4月 京都大学大学院 人間・環境学研究科 言語科学講座 入学

  8. Yusuke Ogata (62d)
    • 2019-05-16 (Thu) 15:32:07 by yogata diff

      2014年4月 京都大学 総合人間学部 入学
      緒方悠介.「日常会話における、関西地方の方言「知らんけど」表現のもつ意味・役割」卒業論文. 京都大学 総合人間学部. 2018

  9. Hiroyuki Nagai (62d)
    • 2019-05-16 (Thu) 15:26:24 by hnagai diff

      2016年4月~2019年3月 京都大学 人間・環境学研究科 ティーチング・アシスタント

  10. Natsuki Mori (62d)
    • 2019-05-16 (Thu) 15:21:57 by ykasuga diff

      ●● anchor.png

      ~~~。

  11. Kazuho Kambara (83d)
    • 2019-04-25 (Thu) 13:08:40 by kkambara diff

      神原一帆. 2018.「フレーム意味論にもとづく事態名詞の分析 : Examiningフレームを例に」『言語科学論集』24: 1–21

  12. KomatsubaraTetsuta (90d)
    • 2019-04-18 (Thu) 12:39:41 by tkomatsubara diff
      • 研究分野 : 認知言語学、レトリック
      • キーワード: 修辞性、意味論、語用論、文法とレトリック https://sites.google.com/view/tetsuta-komatsubara/
  13. SaitoHayato (100d)
    • 2019-04-08 (Mon) 19:09:30 by hsaito diff

      齋藤隼人. (2011).『逆接続の談話・テクスト的アプローチ―but, howeverの事例を中心に』

      Hayato Saito. (2010). "Position of Conjunct and Discourse Function." The 8th China International Forum on Cognitive Linguistics. 北京航空航天大学外国語学院. Nov. 4-11. Hayato Saito. (2011). "Thematic Continuity and Conjunction." The 11th International Cognitive Linguistics Conference in Xi'an, China. July 11-17.
      Hayato Saito. (2012). "Teaching Japanese Literature to Russian Students." Традиции как основа инноваций влингвистическом образовании. Ryazan State University, Russia. April 26-28.

  14. Yuki Kasuga (101d)
    • 2019-04-08 (Mon) 09:28:57 by ykasuga diff
      1. 春日悠生「グライスの非自然的意味と意図: 騙しが成立するときの意図の重層構造」
  15. Lu Zhang (103d)
    • 2019-04-05 (Fri) 18:24:18 by ykasuga diff
  16. Mizuki Oishi (103d)
    • 2019-04-05 (Fri) 18:23:58 by ykasuga diff
  17. Masaharu Sekine (107d)
    • 2019-04-01 (Mon) 13:40:53 by msekine diff

      2017年 京都大学大学院 人間・環境学研究科 言語科学講座 修士課程 入学

  18. Yoshiaki Sato (111d)
    • 2019-03-28 (Thu) 22:42:31 by ysato diff

      2017年3月 名古屋大学大学院 文学研究科英語学研究室 修士課程修了

  19. Takuya Inoue (373d)
    • 2018-07-10 (Tue) 01:06:53 by tinoue diff
      1. 井上拓也. 2016. 「アイヌ語の場所表現に関する記述的研究: 認知言語学的観点から」『言語科学論集』第22号, 1-23. 京都大学人間・環境学研究科.
      2. 井上拓也. 2015. 「北海道方言における「逆使役構文」に関する認知的考察」『日本認知言語学会論文集, 第15巻.

      研究発表 anchor.png

      1. 井上拓也 Inoue, Takuya. "“Place” in the Ainu language: a View from Reference Point Structure and Affordance Theory" the 14th International Cognitive Linguistics Conference, University of Tartu, Estonia. 2017年7月.
      2. 井上拓也「アイヌ語沙流方言の場所表現における「場所名詞」に関する研究」, 日本言語学会第154回大会, 首都大学東京, 2017年6月.
      3. 井上拓也「アイヌ語の場所表現に見られる定性に関する考察---英語のweak definiteとの比較を通して---」関西言語学会第42回大会, 京都大学吉田南キャンパス, 2017年6月.
      4. 井上拓也「北海道方言における「逆使役構文」に関する認知的考察」日本認知言語学会第 15回大会, 慶応義塾大学日吉キャンパス, 2014年9月.
  20. Ayumi Sato (422d)
    • 2018-05-21 (Mon) 21:11:33 by afujita diff
  21. Yudai Inoue (429d)
    • 2018-05-14 (Mon) 17:08:25 by yinoue diff

      2016年 京都大学大学院 人間・環境学研究科 言語科学講座 修士課程 入学
      2018年 京都大学大学院 人間・環境学研究科 言語科学講座 修士課程 修了

  22. Haruka Ogawa (435d)
    • 2018-05-08 (Tue) 12:35:21 by hogawa diff
      • 京都大学大学院, 人間・環境学研究科 (D3) (Graduate student of human and environmental studies, Kyoto University)
  23. RecentDeleted (464d)
    • 2018-04-10 (Tue) 00:43:08 by hchuman diff
      • 2018-04-10 (火) 00:43:08 - ChumanHayato
  24. Fan Yu (465d)
  25. KimotoYukinori (548d)
    • 2018-01-15 (Mon) 14:53:39 by ykimoto diff
      • Thank you for your visit. For updated information, please visit my website: http://yukinorikimoto.x0.com/
      • ご覧頂きありがとうございます。木本幸憲の情報については、次のウェブサイトに移転しましたので、こちらをご覧下さい。http://yukinorikimoto.x0.com/
      • 連絡先e-mail: yk.kimoto (followed by @gmail.com)
  26. Motoki Saito (560d)
    • 2018-01-03 (Wed) 21:01:46 by msaito diff
        • 2017/06-2017/11
          • The University of Tübingen, Germany; A visiting Ph.D. student.
        • 2017-2018:
        • Basic: python For more information, please visit my webpages of ResearchGate or Academia.edu.
  27. KuboKay (584d)
    • 2017-12-10 (Sun) 18:41:41 by kkubo diff

      情報の更新につきまして anchor.png

       はじめまして、久保圭と申します。
       この度は、ご訪問くださりありがとうございます。
       現在、研究業績などの情報は以下のページで更新しております。
       KUBO Kay のホームページ
       https://sites.google.com/site/kaykubo13/
       お問い合わせなどは、以下のメールアドレスまでお願いいたします。
       kaykubo.ktu [at mark] gmail.com

  28. KurodaIppei (724d)
    • 2017-07-24 (Mon) 01:34:35 by ikuroda diff
      1. 黒田一平.「メタ言語表現としてのルビの分析―精緻化および概念融合理論の観点から―」, 日本認知言語学会論文集第16巻 pp. 474-479, 2016年.
  29. Masaya Sato (739d)
    • 2017-07-08 (Sat) 19:43:54 by yinoue diff

       −言語的共在、物理的共在、社会成員性 (c.f. Clark and Marshall 1981; Clark
        and Carlson 1981 etc.) により形成された語用論的前提 (c.f. Lambrecht 1994 etc.)
        による焦点理解への影響

  30. Ayaka Nishimura (814d)
    • 2017-04-24 (Mon) 20:14:19 by anishimura diff

      テキストの産出・理解において、「文体」という言葉がよく使われます。しかしこの「文体」という言葉がどのような概念を指しているかについては、分野ごと・研究者ごとに見解が分かれ、統一的な使用がなされているとは言えません。結論として、「文体」研究の筋道を辿るのは非常に困難な状況にあります。

      一方、認知言語学・構文文法の分野では、「言語に関わるあらゆる事象が分析の射程に入る」と言われながらも、テキストという大きな単位に関しての研究は多いとは言えません。

  31. Kei Torigoe (828d)
    • 2017-04-10 (Mon) 17:59:18 by hnagai diff
  32. Hirofumi Sakai (828d)
    • 2017-04-10 (Mon) 17:58:15 by hnagai diff
  33. Ayumi Fujita (875d)
    • 2017-02-23 (Thu) 00:27:28 by afujita diff
      ページ内コンテンツ
      • 経歴
        • 学歴
        • 職歴
      • 連絡先
      • 研究内容
      • 研究発表
      • 研究論文
      • 学位論文
      • フォーラム発表など
      • 著書

      経歴 anchor.png

      Page Top

      学歴 anchor.png

      2008年4月 神戸市外国語大学 外国語学部 イスパニア学科入学
      2013年3月 同大学卒業
      2013年4月 京都大学大学院 人間・環境学研究科 修士課程入学
      2015年3月 同大学院修了
      2015年4月 同大学院 博士課程入学

      Page Top

      職歴 anchor.png

      2017年4月〜 関西医科大学 言語聴覚士(ST)

      Page Top

      連絡先 anchor.png

      ayumin_07_at_yahoo.co.jp
      _at_を@に置き換えてください。

      Page Top

      研究内容 anchor.png

      Page Top

      研究発表 anchor.png

      Page Top

      研究論文 anchor.png

      Page Top

      学位論文 anchor.png

      Page Top

      フォーラム発表など anchor.png

      Page Top

      著書 anchor.png

  34. Ayumi Tamaru (908d)
    • 2017-01-20 (Fri) 16:12:55 by atamaru diff
      ページ内コンテンツ
        • 学歴
        • 職歴
      • 研究内容
      • 研究発表
      • 研究論文
      • 学位論文
      • フォーラム発表など
      • 著書

      学歴 anchor.png

      Page Top

      職歴 anchor.png

      2014年4月〜 京都大学ティーチング・アシスタント

      Page Top

      研究内容 anchor.png

      Page Top

      研究発表 anchor.png

      Page Top

      研究論文 anchor.png

      Page Top

      学位論文 anchor.png

      Page Top

      フォーラム発表など anchor.png

      Page Top

      著書 anchor.png

  35. KanzawaKatsunori (972d)
    • 2016-11-17 (Thu) 20:15:17 by kkanzawa diff

      お問い合わせは、以下のメールアドレスまでお願いいたします。

      kanzawa[at]kit.ac.jp

  36. Kazuho Kanbara (989d)
    • 2016-10-31 (Mon) 15:50:24 by kkanbara diff
      1. 「日本語における「ノ構文」の振る舞い―少納言コーパスを用いた属性パターンに基づく調査と「進撃の巨人」―」 第17回日本認知言語学会 口頭発表 2016年9月11日 於 明治大学
  37. ItouKaoru (1033d)
    • 2016-09-17 (Sat) 17:31:44 by kitoh diff
      1. 伊藤薫.「オクシモロンの修辞的機能に関する認知言語学的考察」, 京都大学大学院 人間・環境学研究科 修士学位論文.(2012年)
  38. Tosyogakari (1183d)
    • 2016-04-20 (Wed) 19:31:01 by atamaru diff
  39. Yuuki Kasuga (1194d)
    • 2016-04-09 (Sat) 16:21:17 by tinoue diff
  40. Yuudai Inoue (1194d)
    • 2016-04-09 (Sat) 16:21:04 by tinoue diff
  41. Ikuko Ishida (1194d)
    • 2016-04-09 (Sat) 16:20:21 by tinoue diff
  42. HayashiTomoaki (1415d)
    • 2015-09-02 (Wed) 10:04:47 by thayashi diff

      主に動詞に着目して研究を行っていきたいと考えています。今年度は「動詞派生前置詞」をテーマとして、認知言語学の観点から研究しています。

  43. Yasuyuki Sugawa (1559d)
    • 2015-04-10 (Fri) 21:46:29 by atamaru diff

      経歴 anchor.png

      2015年 京都大学大学院 人間・環境学研究科(修士課程) 入学

  44. Satoko Miyazaki (1561d)
    • 2015-04-08 (Wed) 22:05:41 by ykimoto diff

      経歴 anchor.png

      2015年 京都大学大学院 人間・環境学研究科(修士課程) 入学

  45. Yasuhiro Sugawa (1561d)
    • 2015-04-08 (Wed) 22:04:58 by ykimoto diff

      経歴 anchor.png

      2015年 京都大学大学院 人間・環境学研究科(修士課程) 入学

  46. Ryo Kato (1561d)
    • 2015-04-08 (Wed) 22:04:29 by ykimoto diff

      経歴 anchor.png

      2015年 京都大学大学院 人間・環境学研究科(修士課程) 入学

  47. Mizuki Ono (1561d)
    • 2015-04-08 (Wed) 22:04:00 by ykimoto diff

      経歴 anchor.png

      2015年 京都大学大学院 人間・環境学研究科(修士課程) 入学

  48. SugayaYusuke (1875d)
    • 2014-05-30 (Fri) 08:26:44 by ysugaya diff

      6月21日 言語フォーラム「スケールの意味解釈のための語用論的基盤と認知的基盤ー形容詞の下位構造の精緻化に向けてー」

  49. Mami Yoshikawa (1925d)
    • 2014-04-09 (Wed) 23:11:35 by kitoh diff
  50. Taichi Iwamuro (1925d)
    • 2014-04-09 (Wed) 23:09:28 by kitoh diff
  51. TaguchiShinya (1967d)
    • 2014-02-26 (Wed) 14:49:53 by staguchi diff

       ○ 時間表現と統語構造の関係(助詞や文末のテンス・アスペクトなどとの共起関係)

  52. Hideaki Sasaki (2293d)
    • 2013-04-06 (Sat) 18:48:52 by ykimoto diff
  53. 高嶋由布子 (2341d)
    • 2013-02-18 (Mon) 01:50:39 by ytakashima diff
      • 2013年4月~(採用内定)
        • 日本学術振興会特別研究員SPD(人文学>言語学>言語学(認知言語学))
          • 受け入れ研究機関:東京学芸大学 国際教育センター
      • 2012年4月~現在
        • 専修大学文学部日本語学科(非常勤講師)
          • 「認知言語学1、2」「発達言語学1,2」
      • 2011年4月~現在
      • 2012年4月~2013年3月
        • 日本大学法学部(非常勤講師)
          • 「英語基礎演習(1年次必修)」
      • 2011年4月~2012年3月
        • 日本学術振興会特別研究員DC2(人文学>情報学>認知科学(認知言語学))
      • 2013年3月 京都大学大学院 人間・環境学研究科 博士号取得見込(審査中)
      • 日本学術振興会特別研究員(SPD), 2013年4月~2017年3月.
        • 採択課題: 五感の言語表現の認知・心理言語学的研究 #25-10373.
          1. 高嶋由布子. 「知覚動詞の視点の身体性と主観性」, 『日本認知言語学会第11回大会発表論文集』, 日本認知言語学会, 第11巻, 2011年.
  54. TsuchiyaTomoyuki (2853d)
    • 2011-09-24 (Sat) 23:38:39 by ku-ling diff
          • Tomoyuki TSUCHIYA, Jae-Ho LEE, Daisuke YOKOMORI, and Noriko OGAWA. “A Corpus-based Approach to Japanese Adjectives in Adnominal and Conjunctive Form,” Fifth International Conference on Constructional Grammar, University of Texas at Austin, September. [Poster Session]
        • 2011年
          • Tomoyuki TSUCHIYA. “An Attempt to Cognitive Linguistics of Parody: Essential Prerequisites,” 11th International Cognitive Linguistics Conference, Xi'an International Studies University, July.
  55. TakakiIsamu (2898d)
    • 2011-08-10 (Wed) 12:34:29 by itakaki diff

      高木 勇(たかき いさむ)

      • 研究内容等,以下のHPを参照ください。

      ppppp・外部リンク : http://1st.geocities.jp/rebornn2005/kenkyu.htm

      ppppp・連絡先iiipi : rebornn2005[@]yahoo.co.jp

  56. RiGi (3006d)
    • 2011-04-25 (Mon) 00:41:10 by ku-ling diff
  57. YamadaTakuya (3006d)
    • 2011-04-25 (Mon) 00:40:34 by ku-ling diff
  58. KounoWataru (3006d)
    • 2011-04-25 (Mon) 00:38:23 by ku-ling diff
  59. HoukoTakayuki (3006d)
    • 2011-04-25 (Mon) 00:37:03 by ku-ling diff
  60. SaitouHayato (3028d)
    • 2011-04-03 (Sun) 03:30:48 diff

Front page   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)