Page Top

研究内容 anchor.png

話し手が言語に符号化する共感を受け手が理解する認知プロセスに関して,メンタル・シミュレーションのモデルに基づき実証的に研究しています。

Page Top

連絡先 anchor.png

yusuke.tanaka.07[at]gmail.com

Page Top

所属学会 anchor.png

日本認知言語学会、関西言語学会

Page Top

経歴 anchor.png

Page Top

学歴 anchor.png

2012年4月 広島大学文学部人文学科 入学
2016年3月 広島大学文学部人文学科 卒業
2016年4月 京都大学大学院人間・環境学研究科 修士課程 入学
2018年3月 京都大学大学院人間・環境学研究科 修士課程 修了
2018年4月 京都大学大学院人間・環境学研究科 博士後期課程 進学

Page Top

教歴 anchor.png

2018年4月 ~ 2021年3月 京都外国語大学 担当科目:数的理解
2019年4月 ~ 2021年3月 関西看護医療大学 担当科目:英語 I
2020年4月 ~ 2021年3月 神戸女子大学 担当科目:教養英語 I-1, 2
2020年4月 ~ 2021年3月 摂南大学 担当科目:未定

Page Top

職歴 anchor.png

2017年2月 ~ 2019年3月 京都工芸繊維大学 研究補助員
2018年4月 ~ 2019年3月 京都府立晴明高等学校 非常勤講師
2019年4月 ~ 2020年2月 大阪外語専門学校 非常勤講師

Page Top

研究業績 anchor.png

Page Top

学術論文 anchor.png

  1. 田中悠介. 2017. 「接続助詞ケドの用法に関する一考察」『日本認知言語学会論文集』17: 185–197.
  2. Tanaka, Yusuke. 2018. Whose perspective do language comprehenders adopt during motor simulations? Papers in Linguistic Science 24: 99–109.
  3. 神澤克徳・田中悠介・井上優大. 2019.「第二言語の発話における自己訂正と学習者の習熟度の関連性」『言語処理学会第25回年次大会発表論文集』982–985.
  4. Tanaka, Yusuke. To appear. Semantic property in scrambled constituents: The case of objects in Japanese transitive sentences. KLS Selected Papers 2: xxx–xxx.(査読あり)
Page Top

学会発表 anchor.png

  1. 田中悠介.「接続助詞ケドの用法に関する一考察」第17回日本認知言語学会. 口頭発表. 明治大学. 2016年9月.
  2. 神澤克徳・田中悠介・井上優大.「第二言語の発話における自己訂正と学習者の習熟度の関連性」言語処理学会第25回年次大会. 口頭発表. 名古屋大学. 2019年3月.
  3. Tanaka, Yusuke. Semantic property in scrambled constituents: The case of objects in Japanese transitive sentences. 関西言語学会第44回大会. 口頭発表. 関西大学. 2019年7月.
  4. Tanaka, Yusuke. How do people understand linguistic empathy? The case of Japanese giving verbs. The 15th International Cognitive Linguistics Conference. 口頭発表. 関西学院大学. 2019年8月.

Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename Reload   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 3463, today: 4, yesterday: 4
Last-modified: 2019-12-06 (Fri) 13:42:23 (JST) (16h) by ytanaka