11: 2016-05-18 (水) 00:11:59 kitoh ソース 現: 2016-09-17 (土) 17:31:44 kitoh ソース
Line 2: Line 2:
''京都大学 非常勤講師''~ ''京都大学 非常勤講師''~
2015年度: 英語I A, B R・L~ 2015年度: 英語I A, B R・L~
-2016年度: 英語I WL ~+2016年度: 英語IA WL ~
''京都ノートルダム女子大学 非常勤講師''~ ''京都ノートルダム女子大学 非常勤講師''~
2015年度: 基礎英語I・II~ 2015年度: 基礎英語I・II~
-2016年度: 基礎英語I・II~+2016年度: 基礎英語I~
''大阪医科大学 非常勤講師'' ~ ''大阪医科大学 非常勤講師'' ~
2015年度後期: 医学英語~ 2015年度後期: 医学英語~
-2016年度: 医学英語~+2016年度前期: 医学英語~
''京都工芸繊維大学 非常勤講師''~ ''京都工芸繊維大学 非常勤講師''~
2016年度前期: Career English Basic, 英語IA, 英語IIA~ 2016年度前期: Career English Basic, 英語IA, 英語IIA~
-2016年度後期: Academic English, 英語IB, 英語IIB~+2016年度後期: Academic English~ 
 +''奈良先端科学技術大学院大学 研究員''~ 
 +2016年10月-
*学歴 [#va2d7269] *学歴 [#va2d7269]
Line 45: Line 47:
*研究業績 [#j779ab1d] *研究業績 [#j779ab1d]
-【学位論文】~ +''【学位論文】''
-+伊藤薫.「オクシモロンの修辞的機能に関する認知言語学的考察」, 京都大学大学院 人間・環境学研究科 修士学位論文.++伊藤薫.「オクシモロンの修辞的機能に関する認知言語学的考察」, 京都大学大学院 人間・環境学研究科 修士学位論文.(2012年)
-【研究論文】~ +''【研究論文】''
-2012年~+''2012年''~
+[[伊藤薫. 2012. 「否定とレトリックについての一考察 : 『XもYもない』の用法について」,『言語科学論集 第18号』, pp. 27-46, 京都大学大学院 人間・環境学研究科.:http://hdl.handle.net/2433/173562]] +[[伊藤薫. 2012. 「否定とレトリックについての一考察 : 『XもYもない』の用法について」,『言語科学論集 第18号』, pp. 27-46, 京都大学大学院 人間・環境学研究科.:http://hdl.handle.net/2433/173562]]
-2013年~+''2013年''~
+伊藤薫. 2013a.「オクシモロンにおける矛盾の解決について―ドメインの観点から」, 児玉一宏・小山哲春(編)『山梨正明教授退官記念論文集 言語の創発と身体性』, pp. 53-66, 東京:ひつじ書房 ~ +伊藤薫. 2013a.「オクシモロンにおける矛盾の解決について―ドメインの観点から」, 児玉一宏・小山哲春(編)『山梨正明教授退官記念論文集 言語の創発と身体性』, pp. 53-66, 東京:ひつじ書房 ~
+伊藤薫. 2013b.「Opposed terms を基にしたオクシモロンの分類」,『日本認知言語学会論文集 第13巻』, pp. 409-417, 日本認知言語学会. +伊藤薫. 2013b.「Opposed terms を基にしたオクシモロンの分類」,『日本認知言語学会論文集 第13巻』, pp. 409-417, 日本認知言語学会.
-2014年~+''2014年''~
+[[Ito, Kaoru. 2014. Metaphor and Consistency in Text: A Corpus-based Study. Papers in Linguistic Science, 20. Department of Linguistic Science, Graduate School of Human and Environmental Studies. 83-99. :http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/handle/2433/196759]] +[[Ito, Kaoru. 2014. Metaphor and Consistency in Text: A Corpus-based Study. Papers in Linguistic Science, 20. Department of Linguistic Science, Graduate School of Human and Environmental Studies. 83-99. :http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/handle/2433/196759]]
-2015年~+''2015年''~
+伊藤薫. 2015 「直喩再考 ―”like”の機能と様々な修辞技法の関連について―」,『日本認知言語学会論文集』第15巻, pp. 244-256, 日本認知言語学会. +伊藤薫. 2015 「直喩再考 ―”like”の機能と様々な修辞技法の関連について―」,『日本認知言語学会論文集』第15巻, pp. 244-256, 日本認知言語学会.
-2016年~ +''2016年''
-+伊藤薫. 2016 「修辞表現と意味の衝突の解決 —詳細な記述方法の確立に向けての試論—」,『大阪医科大学紀要 人文研究』第46・47号 pp. 28-50. 大阪医科大学.++伊藤薫. 2016a 「修辞表現と意味の衝突の解決 —詳細な記述方法の確立に向けての試論—」,『大阪医科大学紀要 人文研究』第46・47号 pp. 28-50. 大阪医科大学. 
 ++伊藤薫. 2016b 「文脈が修辞表現の理解に及ぼす影響」,山梨正明 他(編)『認知言語学論考』No.13,  pp. 345-372.~
-【研究発表】~ +''【研究発表】''
-2012年~+''2012年''~
+伊藤薫.「オクシモロンにおける反義のプロトタイプ性について」, 言語処理学会 第18回年次大会, 広島市立大学, 2012年3月14日. +伊藤薫.「オクシモロンにおける反義のプロトタイプ性について」, 言語処理学会 第18回年次大会, 広島市立大学, 2012年3月14日.
(言語処理学会 第18回年次大会 発表論文集 pp. 38-41)~ (言語処理学会 第18回年次大会 発表論文集 pp. 38-41)~
Line 72: Line 75:
(日本認知言語学会 第13回大会予稿集 pp. 219-222)~ (日本認知言語学会 第13回大会予稿集 pp. 219-222)~
-2013年~+''2013年''~
+伊藤薫.「文脈が修辞表現の理解に 及ぼす影響―アレゴリーと異義兼用を中心に」, 言語科学会 第15回年次国際大会, 活水女子大学, 2013年6月28日.~ +伊藤薫.「文脈が修辞表現の理解に 及ぼす影響―アレゴリーと異義兼用を中心に」, 言語科学会 第15回年次国際大会, 活水女子大学, 2013年6月28日.~
-2014年~+''2014年''~
+伊藤薫.「比喩表現コーパスの構築と問題点 -言語学の立場から-」, 言語処理学会第20回年次大会, 北海道大学, 2014年3月18日 +伊藤薫.「比喩表現コーパスの構築と問題点 -言語学の立場から-」, 言語処理学会第20回年次大会, 北海道大学, 2014年3月18日
+伊藤薫.「直喩再考 ―”like”の機能と様々な修辞技法の関連について―」, 日本認知言語学会 第15回全国大会, 慶應義塾大学, 2014年日吉キャンパス, 9月21日. +伊藤薫.「直喩再考 ―”like”の機能と様々な修辞技法の関連について―」, 日本認知言語学会 第15回全国大会, 慶應義塾大学, 2014年日吉キャンパス, 9月21日.
(日本認知言語学会 第15回大会予稿集 pp. 177-180)~ (日本認知言語学会 第15回大会予稿集 pp. 177-180)~
-2015年~+''2015年''~
+羽藤由美,竹井智子,Healy, Sandra,神澤克徳,伊藤薫. 「大学入試への英語スピーキングテスト導入:CBT方式によるパイロットテストの検証」, 大学英語教育学会 第54回国際大会, 鹿児島大学, 2015年8月. +羽藤由美,竹井智子,Healy, Sandra,神澤克徳,伊藤薫. 「大学入試への英語スピーキングテスト導入:CBT方式によるパイロットテストの検証」, 大学英語教育学会 第54回国際大会, 鹿児島大学, 2015年8月.


トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 5535, today: 1, yesterday: 2