29: 2016-10-18 (火) 11:19:55 kkanzawa ソース 現: 2016-11-17 (木) 20:15:17 kkanzawa ソース
Line 1: Line 1:
*神澤克徳 (KANZAWA, Katsunori) [#k81e61c8] *神澤克徳 (KANZAWA, Katsunori) [#k81e61c8]
-(2016年8月現在)+(2016年11月現在)
**現職 [#w020f292] **現職 [#w020f292]
Line 9: Line 9:
2005年4月 神戸市外国語大学外国語学部英米学科 入学~ 2005年4月 神戸市外国語大学外国語学部英米学科 入学~
2009年3月 神戸市外国語大学外国語学部英米学科 卒業~ 2009年3月 神戸市外国語大学外国語学部英米学科 卒業~
-2009年4月 京都大学大学院人間・環境学研究科共生人間学専攻 修士課程 入学+2009年4月 京都大学大学院人間・環境学研究科共生人間学専攻修士課程 入学
-2011年3月 京都大学大学院人間・環境学研究科共生人間学専攻 修士課程 修了+2011年3月 京都大学大学院人間・環境学研究科共生人間学専攻修士課程 修了
-2011年4月 京都大学大学院人間・環境学研究科共生人間学専攻 博士課程 入学+2011年4月 京都大学大学院人間・環境学研究科共生人間学専攻博士課程 入学
-2014年3月 京都大学大学院人間・環境学研究科共生人間学専攻 博士課程 研究指導認定退学~+2014年3月 京都大学大学院人間・環境学研究科共生人間学専攻博士課程 研究指導認定退学~ 
**研究内容 [#ua6f45f2] **研究内容 [#ua6f45f2]
***専門分野 [#e2ba1275] ***専門分野 [#e2ba1275]
認知言語学,英語スピーキングテストの研究 認知言語学,英語スピーキングテストの研究
***研究テーマ [#b591001a] ***研究テーマ [#b591001a]
-認知言語学の観点から連体修飾の研究をしています.また,京都工芸繊維大学において,大学入試への導入に向けた英語スピーキングテストの研究をしています.+認知言語学の観点から連体修飾の研究をしています。また,大学入試への導入に向けたCBT英語スピーキングテストの妥当性,信頼性,実用性に関する研究をしています(プロジェクトHPは[[こちら:https://kitspeakee.wordpress.com]])。 
** 研究業績 [#m16aec1f] ** 研究業績 [#m16aec1f]
*** 論文 [#y3db00b7] *** 論文 [#y3db00b7]
Line 24: Line 26:
【学術論文】~ 【学術論文】~
--羽藤由美,&font(u){神澤克徳};「CBT 英語スピーキングテストの開発と実施:入試への導入にむけた試みの検証」, 『京都工芸繊維大学情報科学センター広報』, 京都工芸繊維大学情報科学センター, 34 号, 掲載決定済.~ 
--神澤克徳「モダリティ、発話行為、丁寧表現に関わる連体修飾節の認知言語学的分析」, 児玉一宏・小山哲春(編)『山梨正明教授退官記念論文集 言語の創発と身体性』, ひつじ書房, pp.295-308, 2013.~+-Yumi Hato, &font(u){Katsunori Kanzawa};, Yasushi Tsubota, Haruhiko Mitsunaga, Nic Underhill. "Developing rating scales for a CBT speaking test of English as a lingua franca," '''ETAS Journal Winter 2016''', in press.~
--神澤克徳「認知文法のカテゴリー化のメカニズムから捉える連体修飾構文」, 『日本認知言語学会論文集』, vol.13, pp.396-408, 2013.~+-羽藤由美,&font(u){神澤克徳};.「CBT 英語スピーキングテストの開発と実施:入試への導入にむけた試みの検証」, 『京都工芸繊維大学情報科学センター広報』, 京都工芸繊維大学情報科学センター, pp.30-48, 2015.~
--神澤克徳「モダリティ要素を含む連体修飾節の分析―認知文法におけるグラウンドの観点から―」, 『言語科学論集』, 京都大学, vol.18, pp.47-66, 2012.~+-神澤克徳.「モダリティ,発話行為,丁寧表現に関わる連体修飾節の認知言語学的分析」, 児玉一宏・小山哲春(編)『山梨正明教授退官記念論文集 言語の創発と身体性』, ひつじ書房, pp.295-308, 2013.~
--神澤克徳「若者ことばにおける『盛る (もる) 』の意味拡張」, 『日本語用論学会 大会発表論文集』, vol.7, pp.41-48, 2012.~+-神澤克徳.「認知文法のカテゴリー化のメカニズムから捉える連体修飾構文」, 『日本認知言語学会論文集』, vol.13, pp.396-408, 2013.~
--神澤克徳「構文交替からの日本語転移修飾の再規定」, 『日本認知言語学会論文集』, vol.12, pp.165-177, 2012.~+-神澤克徳.「モダリティ要素を含む連体修飾節の分析―認知文法におけるグラウンドの観点から―」, 『言語科学論集』, 京都大学, vol.18, pp.47-66, 2012.~
--神澤克徳. 2011.「日本語連体修飾構文の有機的ネットワーク―外の関係と転移修飾を中心に―」, 『言語科学論集』, 京都大学, vol.17, pp.91-111, 2012.~+-神澤克徳.「若者ことばにおける『盛る (もる) 』の意味拡張」, 『日本語用論学会 大会発表論文集』, vol.7, pp.41-48, 2012.~ 
 + 
 +-神澤克徳.「構文交替からの日本語転移修飾の再規定」, 『日本認知言語学会論文集』, vol.12, pp.165-177, 2012.~ 
 + 
 +-神澤克徳.「日本語連体修飾構文の有機的ネットワーク―外の関係と転移修飾を中心に―」, 『言語科学論集』, 京都大学, vol.17, pp.91-111, 2011.~
*** 研究発表 [#y40503e5] *** 研究発表 [#y40503e5]
--Masuda, Hideo, Masayuki Mori, &font(u){Katsunori Kanzawa};, Yasushi Tsubota, Yumi Hato, Yasuaki Kuroe "Secure Data Management in an English speaking test implemented in general-purpose PC classrooms", SIGUCCS 2016, Embassy Suites by Hilton Denver Downtown, Denver, November, 2016.+-Hideo Masuda, Masayuki Mori, &font(u){Katsunori Kanzawa};, Yasushi Tsubota, Yumi Hato, Yasuaki Kuroe. "Secure Data Management in an English speaking test implemented in general-purpose PC classrooms", SIGUCCS 2016, Embassy Suites by Hilton Denver Downtown, Denver, November, 2016.
--光永悠彦,&font(u){神澤克徳};,坪田康,羽藤由美「大学・大学院入試に向けた英語スピーキングテストの尺度化事例―受験者特性と評価者属性を考慮したモデルによる検討―」,日本テスト学会第14回大会,電気通信大学,2016年9月.~+-光永悠彦,&font(u){神澤克徳};,坪田康,羽藤由美.「大学・大学院入試に向けた英語スピーキングテストの尺度化事例―受験者特性と評価者属性を考慮したモデルによる検討―」,日本テスト学会第14回大会,電気通信大学,2016年9月.~
-坪田康,&font(u){神澤克徳};,羽藤由美. 「入試導入に向けたCBT型英語スピーキングテストシステムの開発・運用:既存の情報演習室を利用する試み」, 第13回国立大学法人情報系センター協議会, 京都工芸繊維大学, 2016年6月.~ -坪田康,&font(u){神澤克徳};,羽藤由美. 「入試導入に向けたCBT型英語スピーキングテストシステムの開発・運用:既存の情報演習室を利用する試み」, 第13回国立大学法人情報系センター協議会, 京都工芸繊維大学, 2016年6月.~
--Hato, Yumi, &font(u){Katsunori Kanzawa};, Haruhiko Mitsunaga, Yasushi Tsubota, Nic Underhill "Developing a CBT speaking test of ELF", 50th Annual International IATEFL Conference & Exhibition, the ICC Birmingham, Birmingham, April, 2016.+-Yumi Hato, &font(u){Katsunori Kanzawa};, Haruhiko Mitsunaga, Yasushi Tsubota, Nic Underhill. "Developing a CBT speaking test of ELF", 50th Annual International IATEFL Conference & Exhibition, the ICC Birmingham, Birmingham, April, 2016.
-羽藤由美,竹井智子,Healy, Sandra,&font(u){神澤克徳};,伊藤薫. 「大学入試への英語スピーキングテスト導入:CBT方式によるパイロットテストの検証」, 大学英語教育学会 第54回国際大会, 鹿児島大学, 2015年8月.~ -羽藤由美,竹井智子,Healy, Sandra,&font(u){神澤克徳};,伊藤薫. 「大学入試への英語スピーキングテスト導入:CBT方式によるパイロットテストの検証」, 大学英語教育学会 第54回国際大会, 鹿児島大学, 2015年8月.~
Line 51: Line 56:
-&font(u){神澤克徳};,羽藤由美.「CBT英語スピーキングテストの開発・実施・検証について」,第105回次世代大学教育研究会,京都工芸繊維大学,2015年5月.~ -&font(u){神澤克徳};,羽藤由美.「CBT英語スピーキングテストの開発・実施・検証について」,第105回次世代大学教育研究会,京都工芸繊維大学,2015年5月.~
--&font(u){神澤克徳};,羽藤由美,林千恵子,Healy Sandra,竹井智子.「学部1,2年次生を対象とする英語鍛え上げプログラムの構築について」,第105回次世代大学教育研究会,京都工芸繊維大学,2015年5月.~+-&font(u){神澤克徳};,羽藤由美,林千恵子,Healy, Sandra,竹井智子.「学部1,2年次生を対象とする英語鍛え上げプログラムの構築について」,第105回次世代大学教育研究会,京都工芸繊維大学,2015年5月.~
-神澤克徳. 「転移修飾は特殊な表現か―日英コーパス分析にもとづく見解」, 日本英文学会関西支部第9回大会, 立命館大学, 2014年12月.~ -神澤克徳. 「転移修飾は特殊な表現か―日英コーパス分析にもとづく見解」, 日本英文学会関西支部第9回大会, 立命館大学, 2014年12月.~
--Healy, Sandra, Yumi Hato, Tomoko Takei, &font(u){Katsunori Kanzawa};. "Increasing Motivation through a Highly Demanding English Program.",  The 12th Asia TEFL International Conference, Borneo Convention Centre, Sarawak, August, 2014.~+-Sandra Healy, Yumi Hato, Tomoko Takei, &font(u){Katsunori Kanzawa};. "Increasing Motivation through a Highly Demanding English Program.",  The 12th Asia TEFL International Conference, Borneo Convention Centre, Sarawak, August, 2014.~
--Healy, Sandra, &font(u){Katsunori Kanzawa};, Yumi Hato “What is the ideal English speaking test for university entrance examinations in Japan?”,  The 11th Asia TEFL International Conference, Ateneo de Manila University, Manila, October, 2013.~+-Sandra Healy, &font(u){Katsunori Kanzawa};, Yumi Hato. “What is the ideal English speaking test for university entrance examinations in Japan?”,  The 11th Asia TEFL International Conference, Ateneo de Manila University, Manila, October, 2013.~
-羽藤由美,林千恵子,竹井智子,Healy, Sandra,&font(u){神澤克徳};. 「大学入試への英語スピーキング・テスト導入の可能性をさぐる」, 大学英語教育学会 第52回国際大会, 京都大学, 2013年8月.~ -羽藤由美,林千恵子,竹井智子,Healy, Sandra,&font(u){神澤克徳};. 「大学入試への英語スピーキング・テスト導入の可能性をさぐる」, 大学英語教育学会 第52回国際大会, 京都大学, 2013年8月.~
Line 105: Line 110:
**所属学会 [#ja790019] **所属学会 [#ja790019]
-日本認知言語学会,日本語用論学会,言語処理学会,社会言語科学会,日本認知科学会, Asia TEFL~+日本認知言語学会,日本語用論学会,日本英文学会,言語処理学会,社会言語科学会,日本認知科学会,IATEFL,Asia TEFL~
**連絡先 [#fd53cc67] **連絡先 [#fd53cc67]
kanzawa-at-kit.ac.jp~ kanzawa-at-kit.ac.jp~
-**個人ホームページ [#geab6516+ 
-http://katsunorikanzawa.wordpress.com+**個人ホームページ [#s4f05933
 +https://katsunorikanzawa.wordpress.com~


トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 7318, today: 3, yesterday: 4