21: 2014-02-25 (Tue) 09:30:19 staguchi source Cur: 2014-02-26 (Wed) 14:49:53 staguchi source
Line 1: Line 1:
*田口慎也(TAGUCHI, Shinya) [#aef031ce] *田口慎也(TAGUCHI, Shinya) [#aef031ce]
 + 
**経歴 [#e58373e9] **経歴 [#e58373e9]
 2009年3月 関西外国語大学 外国語学部 スペイン語学科 卒業~  2009年3月 関西外国語大学 外国語学部 スペイン語学科 卒業~
Line 9: Line 9:
**研究分野 [#w4cb1d65] **研究分野 [#w4cb1d65]
 ○ ''認知言語学''~  ○ ''認知言語学''~
- ○ ''時間表現一般(時間副詞、指示詞、指標詞など)''~+ ○ ''日本語学''~
 ○ ''スペイン語学''~  ○ ''スペイン語学''~
 +
 +**研究対象 [#x9f5e6b9]
 + ○ ''時間表現の意味論(時間副詞、指示詞、指標詞など)''~
 + ○ ''時間表現と統語構造の関係(助詞や文末のテンス・アスペクトなどとの共起関係)''~
**論文 [#tc55625e] **論文 [#tc55625e]
・田口慎也.「粒度 (granularity) 変化と関わる日本語時間表現の認知的考察-「頃」の分析を中心に-」, 『日本認知言語学会論文集第12巻 JCLA12』, 日本認知言語学会, 2013年. ・田口慎也.「粒度 (granularity) 変化と関わる日本語時間表現の認知的考察-「頃」の分析を中心に-」, 『日本認知言語学会論文集第12巻 JCLA12』, 日本認知言語学会, 2013年.
 + 
・田口慎也.「近称指示詞の時間表現とカレンダー用法―「この+N」と「今(こん)+N」の比較を中心に―」, ・田口慎也.「近称指示詞の時間表現とカレンダー用法―「この+N」と「今(こん)+N」の比較を中心に―」,
『言語の創発と身体性―山梨正明教授退官記念論文集』,pp.309-321, ひつじ書房, 2013年. 『言語の創発と身体性―山梨正明教授退官記念論文集』,pp.309-321, ひつじ書房, 2013年.
Line 32: Line 36:
■Shinya Taguchi. “How demonstratives divide past, present and future? A cognitive approach to temporal deixis and indexicals in Japanese” 11th International Cognitive Linguistics Conference, Xi’an, China July. ■Shinya Taguchi. “How demonstratives divide past, present and future? A cognitive approach to temporal deixis and indexicals in Japanese” 11th International Cognitive Linguistics Conference, Xi’an, China July.
- 
-**国内学会発表・研究会発表 [#vd6fe4e3] 
-''○2012年''~ 
-・田口慎也 
**学位論文 [#cb4a3791] **学位論文 [#cb4a3791]


Front page   Diff Backup Copy Rename Reload   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 8033, today: 1, yesterday: 3