10: 2018-04-02 (月) 11:03:20 tinoue ソース 現: 2018-07-10 (火) 01:06:53 tinoue ソース
Line 45: Line 45:
2014年3月 「北海道方言の「ラサル構文」に関する認知言語学的考察」, 京都大学総合人間学部 卒業論文.~ 2014年3月 「北海道方言の「ラサル構文」に関する認知言語学的考察」, 京都大学総合人間学部 卒業論文.~
2016年3月 「<場所>を表す言語表現に関する研究―アイヌ語の場所表現を事例に―」, 京都大学人間・環境学研究科 博士前期課程 学位論文.~ 2016年3月 「<場所>を表す言語表現に関する研究―アイヌ語の場所表現を事例に―」, 京都大学人間・環境学研究科 博士前期課程 学位論文.~
- +*論文等 [#b29c0f6e] 
-*発表、論文等 [#b29c0f6e] ++''&font(u){ 井上拓也};''. 2016. 「アイヌ語の場所表現に関する記述的研究: 認知言語学的観点から」『言語科学論集』第22号, 1-23. 京都大学人間・環境学研究科
-2014年9月 井上拓也.「北海道方言における「逆使役構文」に関する認知的考察」, 日本認知言語学会第 15回大会, 慶応義塾大学日吉キャンパス.~ ++''&font(u){ 井上拓也};''. 2015. 「北海道方言における「逆使役構文」に関する認知的考察」『日本認知言語学会論文集, 第15巻
-2015年5月 井上拓也.「北海道方言における「逆使役構文」に関する認知的考察」, 日本認知言語学会論文集, 第15巻.~ +*研究発表 [#b29c0f6e] 
-2016年12月 井上拓也.「アイヌ語の場所表現に関する記述的研究: 認知言語学的観点から」, 言語科学論集, 第22号: 1-23.++''&font(u){ 井上拓也};'' Inoue, Takuya. "“Place” in the Ainu language: a View from Reference Point Structure and Affordance Theory" the 14th International Cognitive Linguistics Conference, University of Tartu, Estonia. 2017年7月. 
-2017年6月 井上拓也.「アイヌ語の場所表現に見られる定性に関する考察---英語のweak definiteとの比較を通して---」, 関西言語学会第42回大会, 京都大学吉田南キャンパス.~ ++''&font(u){ 井上拓也};''「アイヌ語沙流方言の場所表現における「場所名詞」に関する研究」, 日本言語学会第154回大会, 首都大学東京, 2017年6月. 
-2017年6月 井上拓也.「アイヌ語沙流方言の場所表現における「場所名詞」に関する研究」, 日本言語学会第154回大会, 首都大学東京.~ ++''&font(u){ 井上拓也};''「アイヌ語の場所表現に見られる定性に関する考察---英語のweak definiteとの比較を通して---」関西言語学会第42回大会, 京都大学吉田南キャンパス, 2017年6月. 
-2017年7月 Inoue, Takuya. "“Place” in the Ainu language: a View from Reference Point Structure and Affordance Theory", the 14th International Cognitive Linguistics Conference, University of Tartu, Estonia.~++''&font(u){ 井上拓也};''「北海道方言における「逆使役構文」に関する認知的考察」日本認知言語学会第 15回大会, 慶応義塾大学日吉キャンパス, 2014年9月.
2017年9月 神原一帆, 井上拓也. 「生態学的な語彙意味論に向けて」, 日本認知科学会第34回大会, 金沢大学.~ 2017年9月 神原一帆, 井上拓也. 「生態学的な語彙意味論に向けて」, 日本認知科学会第34回大会, 金沢大学.~
 +2018年9月 井上拓也.「認知言語学の批判的検討:生態学的言語観への転換に向けて」, 日本認知科学会第35回大会, 立命館大学 茨木キャンパス.~
 +2018年9月 井上拓也. 「アフォーダンス知覚を促すデザインとしての言語---生態学的言語論の理論的考察」, 日本生態心理学会第7回大会, 早稲田大学.~
 +2018年10月 Inoue, Takuya. "Reviewing Cognitive Theories of Language as Descriptive Tools for “Ecological Semantics"", the 9th Conference on Language, Discourse, and Cognition, National Taiwan University, Taiwan.~
*フォーラム、自主ゼミ等 [#b29c0f6e] *フォーラム、自主ゼミ等 [#b29c0f6e]
2013年10月17日 「北海道方言のラサル構文に関する認知言語学的考察―アフォーダンスの観点から―」~ 2013年10月17日 「北海道方言のラサル構文に関する認知言語学的考察―アフォーダンスの観点から―」~


トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 2886, today: 1, yesterday: 1