69: 2018-07-30 (月) 12:50:24 tokahisa ソース 現: 2018-10-23 (火) 19:50:21 tokahisa ソース
Line 1: Line 1:
-Last updated on July 18, 2018+Last updated on October 23, 2018
*English CV[#b29c0f6e] *English CV[#b29c0f6e]
Line 33: Line 33:
*研究論文 [#b29c0f6e] *研究論文 [#b29c0f6e]
-+''&font(u){ 岡久太郎};'', 柴田大作, 伊藤薫, 荒牧英治「聞き手の推定した話者の語彙量と話し手のTTRとの乖離に関する検討」『言語処理学会 第24回年次大会 発表論文集』320–323. 2018. [[pdf:http://anlp.jp/proceedings/annual_meeting/2018/pdf_dir/C2-3.pdf]] +-''&font(u){ 岡久太郎};'', 柴田大作, 伊藤薫, 荒牧英治「聞き手の推定した話者の語彙量と話し手のTTRとの乖離に関する検討」『言語処理学会 第24回年次大会 発表論文集』320–323. 2018. [[pdf:http://anlp.jp/proceedings/annual_meeting/2018/pdf_dir/C2-3.pdf]] 
-+''&font(u){Okahisa, Taro,};'' and Ayako Shirose. Influence of hand gestures on prosodic disambiguation of syntactically ambiguous phrases. '''Acoustical Science and Technology''' 39(2). 171–174. 2018.[[pdf:https://doi.org/10.1250/ast.39.171]] +-''&font(u){Okahisa, Taro,};'' and Ayako Shirose. Influence of hand gestures on prosodic disambiguation of syntactically ambiguous phrases. '''Acoustical Science and Technology''' 39(2). 171–174. 2018.[[pdf:https://doi.org/10.1250/ast.39.171]] 
-+荒牧英治, 若宮翔子, 矢野憲, 永井宥之, ''&font(u){ 岡久太郎};'', 伊藤薫「病名アノテーションが付与された医療テキスト・コーパスの構築」『自然言語処理「言語処理の応用システム」特集号』 25(1): 119–152. 2018.(技術資料) +-荒牧英治, 若宮翔子, 矢野憲, 永井宥之, ''&font(u){ 岡久太郎};'', 伊藤薫「病名アノテーションが付与された医療テキスト・コーパスの構築」『自然言語処理「言語処理の応用システム」特集号』 25(1): 119–152. 2018.(技術資料)[[pdf:https://www.researchgate.net/profile/Eiji_Aramaki/publication/325133486_Development_of_the_Clinical_Corpus_with_Disease_Name_Annotation/links/5b6fe0db45851546c9fbebdc/Development-of-the-Clinical-Corpus-with-Disease-Name-Annotation.pdf?origin=publication_detail]] 
-+''&font(u){ 岡久太郎};''「統語的曖昧表現を伝達する際の話者の焦点 ―文法構造とジェスチャーの関係性―」『日本語用論学会 第19回大会発表論文集』73–80. 日本語用論学会. 2017. [[pdf:http://pragmatics.gr.jp/content/files/proceedings/Proceedings_12_2017.pdf#page=89]] (通常設定のSafariをご使用の場合は表紙に飛んでしまうので、該当箇所までページ送りしてください) +-''&font(u){ 岡久太郎};''「統語的曖昧表現を伝達する際の話者の焦点 ―文法構造とジェスチャーの関係性―」『日本語用論学会 第19回大会発表論文集』73–80. 日本語用論学会. 2017. [[pdf:http://pragmatics.gr.jp/content/files/proceedings/Proceedings_12_2017.pdf#page=89]] (通常設定のSafariをご使用の場合は表紙に飛んでしまうので、該当箇所までページ送りしてください) 
-+荒牧英治,''&font(u){ 岡久太郎};'', 矢野憲, 若宮翔子, 伊藤薫「大規模医療コーパス開発に向けて」『言語処理学会 第23回年次大会 発表論文集』1200–1203. 2017. [[pdf:http://www.anlp.jp/proceedings/annual_meeting/2017/pdf_dir/W-4.pdf]] +-荒牧英治,''&font(u){ 岡久太郎};'', 矢野憲, 若宮翔子, 伊藤薫「大規模医療コーパス開発に向けて」『言語処理学会 第23回年次大会 発表論文集』1200–1203. 2017. [[pdf:http://www.anlp.jp/proceedings/annual_meeting/2017/pdf_dir/W-4.pdf]] 
-+''&font(u){Okahisa, Taro.};'' Context-Containing Constructions: Why can we interpret an expression infinitely? '''Papers in Linguistic Science''' 22. 129–149. 2016. [[pdf:http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/handle/2433/219421]] +-''&font(u){Okahisa, Taro.};'' Context-Containing Constructions: Why can we interpret an expression infinitely? '''Papers in Linguistic Science''' 22. 129–149. 2016. [[pdf:http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/handle/2433/219421]] 
-+''&font(u){岡久太郎};''「誤解研究の意義 ―発話の字義的意味と行為としての意味の不可分性―」『社会言語科学会第37回大会発表論文集』110–113. 2016. [[pdf:https://www.dropbox.com/s/m09v4utucwcu4uf/okahisa2016jass.pdf?dl=0]]+-''&font(u){岡久太郎};''「誤解研究の意義 ―発話の字義的意味と行為としての意味の不可分性―」『社会言語科学会第37回大会発表論文集』110–113. 2016. [[pdf:https://www.dropbox.com/s/m09v4utucwcu4uf/okahisa2016jass.pdf?dl=0]]
*研究発表 [#b29c0f6e] *研究発表 [#b29c0f6e]
-+Yamasaki, Kaori. and ''&font(u){Okahisa, Taro};''. "How do L2 Learners Interpret the Unconventional Expressions?: An experimental study of the construction-based processing"~ +-Yamasaki, Kaori. and ''&font(u){Okahisa, Taro};''. "How do L2 Learners Interpret the Unconventional Expressions?: An experimental study of the construction-based processing"~ 
-(ICPEAL17-CLDC9. National Taiwan University. Oral presentation. Scheduled for October 2018.) +(ICPEAL17-CLDC9. National Taiwan University. Oral presentation. October 2018.) 
-+''&font(u){ 岡久太郎};''「文脈を考慮した記号的言語観: 認知言語学への批判的検討」~+-''&font(u){ 岡久太郎};''「文脈を考慮した記号的言語観: 認知言語学への批判的検討」~
(第23回 奈良女子大学 英語学・言語学研究会, 口頭発表, 2018年5月) (第23回 奈良女子大学 英語学・言語学研究会, 口頭発表, 2018年5月)
-+''&font(u){ 岡久太郎};'', 柴田大作, 伊藤薫, 荒牧英治「聞き手の推定した話者の語彙量と話し手のTTRとの乖離に関する検討」~+-''&font(u){ 岡久太郎};'', 柴田大作, 伊藤薫, 荒牧英治「聞き手の推定した話者の語彙量と話し手のTTRとの乖離に関する検討」~
(言語処理学会第24回年次大会, 口頭発表, 2018年3月) (言語処理学会第24回年次大会, 口頭発表, 2018年3月)
-+''&font(u){Okahisa, Taro};''. "Are gestures burdens or guideposts?: The discrepancy between speakers’ and hearers’ processing"~+-''&font(u){Okahisa, Taro};''. "Are gestures burdens or guideposts?: The discrepancy between speakers’ and hearers’ processing"~
(The 15th International Pragmatics Conference. Belfast, Northern Ireland. Oral presentation. July 2017.) [[Abstract:https://www.dropbox.com/s/rfkx49zgtaf1ojl/okahisa2017ipra15.pdf?dl=0]] (The 15th International Pragmatics Conference. Belfast, Northern Ireland. Oral presentation. July 2017.) [[Abstract:https://www.dropbox.com/s/rfkx49zgtaf1ojl/okahisa2017ipra15.pdf?dl=0]]
-+''&font(u){Okahisa, Taro};''. "Multimodal constructions that are easy to use, difficult to understand"~+-''&font(u){Okahisa, Taro};''. "Multimodal constructions that are easy to use, difficult to understand"~
(The 14th International Cognitive Linguistics Conference. Tartu, Estonia. Oral presentation. July 2017.) [[Abstract:https://www.dropbox.com/s/c0i0dxt7bzob0vg/okahisa2017iclc14.pdf?dl=0]] (The 14th International Cognitive Linguistics Conference. Tartu, Estonia. Oral presentation. July 2017.) [[Abstract:https://www.dropbox.com/s/c0i0dxt7bzob0vg/okahisa2017iclc14.pdf?dl=0]]
-+''&font(u){Okahisa, Taro};'', Motoki Saito, Kaori Yamasaki, and Isabel Lacruz. "Experimental approaches to linguistic interpretation"~+-''&font(u){Okahisa, Taro};'', Motoki Saito, Kaori Yamasaki, and Isabel Lacruz. "Experimental approaches to linguistic interpretation"~
(The 41st Meeting of the Kansai Linguistic Society. Kyoto University. Workshop. June 2017) (The 41st Meeting of the Kansai Linguistic Society. Kyoto University. Workshop. June 2017)
-+荒牧英治,''&font(u){ 岡久太郎};'', 矢野憲, 若宮翔子, 伊藤薫「大規模医療コーパス開発に向けて」~+-荒牧英治,''&font(u){ 岡久太郎};'', 矢野憲, 若宮翔子, 伊藤薫「大規模医療コーパス開発に向けて」~
(言語処理学会第23回年次大会, 口頭発表, 2017年3月) (言語処理学会第23回年次大会, 口頭発表, 2017年3月)
-+''&font(u){岡久太郎};''「統語的曖昧表現を伝達する際の話者の焦点 ―文法構造とジェスチャーの関係性―」[[発表ハンドアウト:https://www.dropbox.com/s/dzwbsjd7w4b34y8/okahisa2016psj.pdf?dl=0]]~+-''&font(u){岡久太郎};''「統語的曖昧表現を伝達する際の話者の焦点 ―文法構造とジェスチャーの関係性―」[[発表ハンドアウト:https://www.dropbox.com/s/dzwbsjd7w4b34y8/okahisa2016psj.pdf?dl=0]]~
(日本語用論学会第19回大会, 口頭発表, 下関市立大学, 2016年12月) (日本語用論学会第19回大会, 口頭発表, 下関市立大学, 2016年12月)
-+''&font(u){岡久太郎};''「マルチモーダル分析としての誤解分析」~+-''&font(u){岡久太郎};''「マルチモーダル分析としての誤解分析」~
(第52回VNV研究会, 口頭発表, 京都大学, 2016年5月) (第52回VNV研究会, 口頭発表, 京都大学, 2016年5月)
-+''&font(u){Okahisa, Taro};''. "Misunderstandings as Negative Evidence: Considerations on Multimodal Aspects in Discourse" [[Abstract:https://www.dropbox.com/s/4ndvo0lt4lepolp/okahisa2016cldc.pdf?dl=0]]~+-''&font(u){Okahisa, Taro};''. "Misunderstandings as Negative Evidence: Considerations on Multimodal Aspects in Discourse" [[Abstract:https://www.dropbox.com/s/4ndvo0lt4lepolp/okahisa2016cldc.pdf?dl=0]]~
(The 8th Conference on Language, Discourse and Cognition. National Taiwan University. Oral presentation. May 2016.) (The 8th Conference on Language, Discourse and Cognition. National Taiwan University. Oral presentation. May 2016.)
-+''&font(u){岡久太郎};''「誤解研究の意義 ―発話の字義的意味と行為としての意味の不可分性―」~+-''&font(u){岡久太郎};''「誤解研究の意義 ―発話の字義的意味と行為としての意味の不可分性―」~
(第37回社会言語科学会, 口頭発表, 日本大学, 2016年3月) (第37回社会言語科学会, 口頭発表, 日本大学, 2016年3月)
-+''&font(u){岡久太郎};''「言語表現と文脈情報の隣接性 ―グローバル構文の観点からー」 [[発表資料:https://www.dropbox.com/s/5c5b56bm757dzk6/okahisa2015gakugei.pdf?dl=0]]~+-''&font(u){岡久太郎};''「言語表現と文脈情報の隣接性 ―グローバル構文の観点からー」 [[発表資料:https://www.dropbox.com/s/5c5b56bm757dzk6/okahisa2015gakugei.pdf?dl=0]]~
(東京学芸大学国語国文学学会大会, 口頭発表, 東京学芸大学, 2015年6月) (東京学芸大学国語国文学学会大会, 口頭発表, 東京学芸大学, 2015年6月)
-+''&font(u){岡久太郎};''「日常会話における誤解から見る発話理解のプロセス」~+-''&font(u){岡久太郎};''「日常会話における誤解から見る発話理解のプロセス」~
(第10回話しことばの言語学ワークショップ, ポスター発表, 東京外国語大学, 2015年3月) (第10回話しことばの言語学ワークショップ, ポスター発表, 東京外国語大学, 2015年3月)
-+''&font(u){岡久太郎};''「談話における表現の解釈多様性 —落語のオチに着目して—」~+-''&font(u){岡久太郎};''「談話における表現の解釈多様性 —落語のオチに着目して—」~
(第9回話しことばの言語学ワークショップ, ポスター発表, 大阪大学, 2014年9月) (第9回話しことばの言語学ワークショップ, ポスター発表, 大阪大学, 2014年9月)
*学位論文 [#b29c0f6e] *学位論文 [#b29c0f6e]
-+''&font(u){岡久太郎};''「日常会話における話者の発話意図に関する研究」卒業論文. 東京学芸大学 教育学部. 2014. +-''&font(u){岡久太郎};''「日常会話における話者の発話意図に関する研究」卒業論文. 東京学芸大学 教育学部. 2014. 
-+''&font(u){岡久太郎};''「誤解から見る発話理解過程—記述的研究と理論的研究の接合に向けて—」修士論文. 京都大学大学院 人間・環境学研究科. 2016.+-''&font(u){岡久太郎};''「誤解から見る発話理解過程—記述的研究と理論的研究の接合に向けて—」修士論文. 京都大学大学院 人間・環境学研究科. 2016.
*フォーラム・自主ゼミ等 [#b29c0f6e] *フォーラム・自主ゼミ等 [#b29c0f6e]
-+「認知言語学における記号的言語観とは」(2018年5月フォーラム) +-「認知言語学における記号的言語観とは」(2018年5月フォーラム) 
-+「状況に依存した構文使用: 教育が言語知識に与える影響を考慮して」(2018年4月フォーラム) +-「状況に依存した構文使用: 教育が言語知識に与える影響を考慮して」(2018年4月フォーラム) 
-+「非字義的意味の理解過程」(2017年12月フォーラム) +-「非字義的意味の理解過程」(2017年12月フォーラム) 
-+「言語情報を補う非言語情報ー韻律情報とジェスチャーの関係性ー」(2017年11月フォーラム) +-「言語情報を補う非言語情報ー韻律情報とジェスチャーの関係性ー」(2017年11月フォーラム) 
-+「類音声を利用した和歌修辞に関する一考察: 認知言語学の観点から」(2017年2月フォーラム) +-「類音性を利用した和歌修辞に関する一考察: 認知言語学の観点から」(2017年2月フォーラム) 
-+「話し手から見たジェスチャーと聞き手から見たジェスチャー」(2016年10月フォーラム) +-「話し手から見たジェスチャーと聞き手から見たジェスチャー」(2016年10月フォーラム) 
-+「ジェスチャーは言語といかに関わるのか」(2016年7月フォーラム) +-「ジェスチャーは言語といかに関わるのか」(2016年7月フォーラム) 
-+「統語的曖昧性を解消するジェスチャー」(2016年7月談話・語用論研究会) +-「統語的曖昧性を解消するジェスチャー」(2016年7月談話・語用論研究会) 
-+「ジェスチャーと認知文法」(2016年6月フォーラム) +-「ジェスチャーと認知文法」(2016年6月フォーラム) 
-+「誤解を生む共通基盤」(2015年10月フォーラム) +-「誤解を生む共通基盤」(2015年10月フォーラム) 
-+「多義性を利用したジョークから見た発話理解における文脈効果」(2015年7月フォーラム) +-「多義性を利用したジョークから見た発話理解における文脈効果」(2015年7月フォーラム) 
-+「動的用法基盤モデルからみた誤解を生む文脈的要因」(2015年4月フォーラム) +-「動的用法基盤モデルからみた誤解を生む文脈的要因」(2015年4月フォーラム) 
-+「誤解から見るコンテクストと発話処理の関係」(2015年3月東西言語学勉強交流会) +-「誤解から見るコンテクストと発話処理の関係」(2015年3月東西言語学勉強交流会) 
-+「Schegloff, Emanuel A. 1987. Some sources of misunderstanding in talk-in-interaction 論文レビュー」(2015年3月談話・語用論研究会) +-「Schegloff, Emanuel A. 1987. Some sources of misunderstanding in talk-in-interaction 論文レビュー」(2015年3月談話・語用論研究会) 
-+「『誤解』とは何なのか」(2015年2月自主ゼミ) +-「『誤解』とは何なのか」(2015年2月自主ゼミ) 
-+「修辞的言語使用の理解 共有知識に基づく指示理解モデルの提案」(2014年12月談話・語用論研究会) +-「修辞的言語使用の理解 共有知識に基づく指示理解モデルの提案」(2014年12月談話・語用論研究会) 
-+「Clark, Herbert H. 1992.  Arenas of Language Use 書評」(2014年11月フォーラム)~ +-「Clark, Herbert H. 1992.  Arenas of Language Use 書評」(2014年11月フォーラム)~ 
-+「談話における表現の解釈多様性 —落語のオチに着目して—」(2014年8月自主ゼミ,談話・語用論研究会) +-「談話における表現の解釈多様性 —落語のオチに着目して—」(2014年8月自主ゼミ,談話・語用論研究会) 
-+「日常会話における発話の動機づけに関する研究」(2014年4月フォーラム)+-「日常会話における発話の動機づけに関する研究」(2014年4月フォーラム)
*所属学会[#b29c0f6e] *所属学会[#b29c0f6e]
社会言語科学会、関西言語学会、日本語用論学会、電子情報通信学会 HCG 第3種研究会 ヴァーバル・ノンヴァーバル・コミュニケーション研究会([[若手サポータ:http://www.ieice.org/~vnv/supporter.php]]), International Pragmatics Association 社会言語科学会、関西言語学会、日本語用論学会、電子情報通信学会 HCG 第3種研究会 ヴァーバル・ノンヴァーバル・コミュニケーション研究会([[若手サポータ:http://www.ieice.org/~vnv/supporter.php]]), International Pragmatics Association


トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 4733, today: 1, yesterday: 2