24: 2020-05-13 (Wed) 02:38:07 tchika source 25: 2020-05-15 (Fri) 02:28:58 tchika source
Line 24: Line 24:
*研究内容 [#b29c0f6e] *研究内容 [#b29c0f6e]
【研究の関心】~ 【研究の関心】~
-意味解釈のプロセスに最大の関心があり、発話のオンライン処理を志向している関連性理論をベースに、認知言語学の知見を活かした理論構築を目指しています。やや具体的なテーマとして、次のことに関心があります。~+聞き手による意味解釈のプロセスに最大の関心があり、発話のオンライン処理を志向している関連性理論をベースに、認知言語学の知見を活かした理論構築を目指しています。やや具体的なテーマとして、次のことに関心があります。~
・語と語の組み合わせから得られる解釈のコンテクスト依存性~ ・語と語の組み合わせから得られる解釈のコンテクスト依存性~
・推論に対するインプット (i.e. コード化された意味) の規定~ ・推論に対するインプット (i.e. コード化された意味) の規定~
Line 34: Line 34:
【これまでの研究】~ 【これまでの研究】~
-・卒論ではスウェーデン語の動詞 ''övertala'' (英: persuade) の語法研究の一環として、''övertala NP1 NP2'' という構文に着目しました (övertala NP1 NP2は概略「NP1にNP2に関する事象を行うように説得する」という解釈が得られます。最も頻度の高い用法は övertala NP1 att VP (persuade NP1 to VP) です) 。コーパス調査の結果、NP2に入る名詞は事象を表す名詞だけでなく、モノを表す名詞も大いに含まれることが判明しました。この事実から、NP2がモノを表す場合「それに関する事象」とは何かが問題になると考えました。解決策として、Pustejovsky (1995) の''生成語彙論'' (GLT) を用い、övertalaがNP2に事象読みを強制する、すなわちタイプ強制 (type coersion) を行うとの想定のもと、NP2のクオリア構造を記述しました。+・卒論ではスウェーデン語の動詞 ''övertala'' (英: persuade) の語法研究を行いました。この動詞において最も頻度の高い用法は övertala NP1 att VP (persuade NP1 to VP) です。本研究で行ったことの一つとして、構文 ''övertala NP1 NP2'' の記述があります (övertala NP1 NP2は概略「NP1にNP2に関する事象を行うように説得する」という解釈が得られます) 。コーパス調査の結果、NP2に入る名詞は事象を表す名詞だけでなく、モノを表す名詞も大いに含まれることが判明したことから、NP2がモノを表す場合「それに関する事象」とは何かが問題になると考えました。NP2に関連する事象が文脈によって変動する一方、その幅には一定の制限があるように思われたからです。解決策として、Pustejovsky (1995) の''生成語彙論'' (GLT) を用い、övertalaがNP2に事象読みを強制する、すなわちタイプ強制 (type coersion) を行うとの想定のもと、NP2のクオリア構造を記述しました。
・修論では''「文字通り」''という標識の手続的意味に関する考察を行いました。~ ・修論では''「文字通り」''という標識の手続的意味に関する考察を行いました。~
「文字通り」の興味深い点は、後続表現の字義的意味を導く用法だけでなく、比喩的な意味を強調する用法・メタ言語的な用法 (e.g.「腰」は文字通り身体の要です) といった、非常に多様な用法が観察されることと、「文字通り+X」のコロケーションではXの解釈を捉えきれない (i.e. 文脈によって、同じXの解釈が変動する) ことに求められます。まず、「文字通り」の機能を規定する方法として (i)すべての用法を独立した機能だと認定し、「文字通り_1」「文字通り_2」... と記述するアプローチ (ii)すべての用法に一貫する要素のみを機能として認定し、各用法は実際の文脈における推論から生じると考えるアプローチ (iii)「文字通り+X」のコロケーションを重視し、「文字通り」自体に機能を押し付けないアプローチ の3つを検討しました。~ 「文字通り」の興味深い点は、後続表現の字義的意味を導く用法だけでなく、比喩的な意味を強調する用法・メタ言語的な用法 (e.g.「腰」は文字通り身体の要です) といった、非常に多様な用法が観察されることと、「文字通り+X」のコロケーションではXの解釈を捉えきれない (i.e. 文脈によって、同じXの解釈が変動する) ことに求められます。まず、「文字通り」の機能を規定する方法として (i)すべての用法を独立した機能だと認定し、「文字通り_1」「文字通り_2」... と記述するアプローチ (ii)すべての用法に一貫する要素のみを機能として認定し、各用法は実際の文脈における推論から生じると考えるアプローチ (iii)「文字通り+X」のコロケーションを重視し、「文字通り」自体に機能を押し付けないアプローチ の3つを検討しました。~
-本研究では(ii)を選び、''関連性理論'' (Sperber & Wilson 1995) の枠組みのもと、「文字通り」を「後続内容をメタ表示せよ」と聞き手に仕向けるような''手続き的意味'' (Blakemore 2002) として規定しました。そして、簡素な手続き的意味から具体的な用法へ至る推論のステップを関連性理論における発話解釈プロセスによって説明しました。 +本研究では(ii)を選び、''関連性理論'' (Sperber & Wilson 1995) の枠組みのもと、「文字通り」を「『文字』という情報に着目し、後続内容をメタ表示せよ」と聞き手に仕向けるような''手続き的意味'' (Blakemore 2002) として規定しました。そして、簡素な手続き的意味から具体的な用法へ至る推論のステップを関連性理論における発話解釈プロセスによって説明しました。
*研究論文 [#b29c0f6e] *研究論文 [#b29c0f6e]


Front page   Diff Backup Copy Rename Reload   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 3044, today: 2, yesterday: 1