69: 2016-04-01 (金) 21:06:31 kkubo ソース 現: 2018-10-01 (月) 01:40:24 hsakai ソース
Line 5: Line 5:
|RIGHT:''名''|LEFT:''前  ''  |''研 究 分 野''|''備 考''|h |RIGHT:''名''|LEFT:''前  ''  |''研 究 分 野''|''備 考''|h
|>|>|>|''博士3''| |>|>|>|''博士3''|
-|>|[[黒田一平>KurodaIppei]]|認知言語学、文字論、語彙論、語形成、若者言葉| | +|>|[[井上拓也>Takuya Inoue]]|認知言語学、生態心理学、アイヌ語| | 
-|>|[[河野亘>KounoWataru]]|認知言語学| | +|>|[[岡久太郎>Taro Okahisa]]|認知言語学、語用論、コミュニケーション研究、マルチモーダル分析、国語教育|日本学術振興会 特別研究員(DC2)| 
-|>|[[齋藤隼人>SaitoHayato]]|認知言語学、談話・テクスト分析、外国語教育| | +|>|[[小川陽香>Haruka Ogawa]]|翻訳学、バイリンガリズム、言語習得、認知言語学、構文文法| | 
-|>|[[菅谷友亮>SugayaYusuke]]|認知言語学、言語類型論、品詞論、談話分析|日本学術振興会 特別研究員DC+|>|[[田丸歩実>Ayumi Tamaru]]|認知言語学、修辞学、メタファー| | 
-|>|[[林智昭>HayashiTomoaki]]|認知言語学、英語学、外国語教育| | +|>|[[佐藤亜弓>Ayumi Sato]]|認知言語学、スペイン語学、ムード・モダリティ、神経心理学| | 
-|>|[[山田拓弥>YamadaTakuya]]|認知言語学| |+|>|>|>|''博士2''
 +|>|[[永井宥之>Hiroyuki Nagai]]|認知言語学、日本語学、エビデンシャリティ| | 
 +|>|[[西村綾夏>Ayaka Nishimura]]|認知言語学、構文文法、物語論、文体論| |
|>|>|>|''博士1''| |>|>|>|''博士1''|
-|>|[[小川陽香>Haruka Ogawa]]|認知言語学、構文文法、英語学、外国語教育| | +|>|[[井上優大>Yudai Inoue]]|認知言語学、認知文法、語用論、情報構造| | 
-|>|[[斎藤幹樹>Motoki Saito]]|認知言語学、認知文法、方法論研究、容認性判断| | +|>|[[春日悠生>Yuki Kasuga]]|日本語終助詞の記述、福岡県久留米市方言の記述、認知言語学、相互行為言語学|日本学術振興会 特別研究員(DC1)| 
-|>|[[田丸歩実>Ayumi Tamaru]]|認知言語学、修辞学、メタファー| | +|>|[[神原一帆>Kazuho Kambara]]|認知言語学、フレーム意味論、コーパス言語学、認知科学| | 
-|>|[[藤田亜弓>Ayumi Fujita]]|認知言語学| |+|>|[[佐藤雅也>Masaya Sato]]|実験語用論| | 
 +|>|[[田中悠介>Yusuke Tanaka]]|メンタル・シミュレーション、共感、認知文法| |
|>|>|>|''修士2''| |>|>|>|''修士2''|
-|>|[[井上拓也>Takuya Inoue]]|認知言語学| | +|>|[[石田育子>Ikuko Ishida]]|認知言語学、英語教育| | 
-|>|[[岩室汰一>Taichi Iwamuro]]|認知言語学、認識論、心理学、語用論| | +|>|[[酒井啓史>Hirofumi Sakai]]|英語学,構文文法 (語彙・構文アプローチ),語彙意味論,概念意味論| | 
-|>|[[岡久太郎>Taro Okahisa]]|認知言語学、談話・テクスト分析、コミュニケーション研究、語用論、国語教育| | +|>|[[佐藤嘉晃>Yoshiaki Sato]]|認知言語学| | 
-|>|[[西村綾夏>Ayaka Nishimura]]|日本語学、認知言語学、語用論、社会言語学など興味に応じて| | +|>|[[関根雅晴>Masaharu Sekine]]|認知言語学、日本語学、方言学| |
-|>|[[吉川真未>Mami Yoshikawa]]|認知言語学、語用論、談話| |+
|>|>|>|''修士1''| |>|>|>|''修士1''|
-|>|[[小野瑞貴>Mizuki Ono]]|認知言語学| | +|>|[[緒方悠介>Yusuke Ogata]]|認知言語学| | 
-|>|[[加藤遼>Ryo Kato]]|認知言語学| | +|>|[[森夏輝>Natsuki Mori]]|認知言語学| | 
-|>|[[須川恭至>Yasuyuki Sugawa]]|認知言語学| | +|>|[[近大志>Taishi Chika]]|認知言語学| | 
-|>|[[永井宥之>Hiroyuki Nagai]]|認知言語学、慣用表現、テンス・アスペクト| | +|>|[[樊毓>Fan Yu]]|認知言語学| |
-|>|[[宮崎聡子>Satoko Miyazaki]]|認知言語学| |+
**卒業生 [#q3592f23] **卒業生 [#q3592f23]
Line 37: Line 38:
|>|甲田直美|談話・テキスト研究|東北大学 文学研究科 国語学研究室 准教授| |>|甲田直美|談話・テキスト研究|東北大学 文学研究科 国語学研究室 准教授|
|>|深田 智|認知言語学、認知意味論、語用論、言語習得、身体性・主体性・間主観性|京都工芸繊維大学大学院 工芸科学研究科 准教授| |>|深田 智|認知言語学、認知意味論、語用論、言語習得、身体性・主体性・間主観性|京都工芸繊維大学大学院 工芸科学研究科 准教授|
-|>|小山哲春|コミュニケーション学、語用論、社会言語学、言語人類学|京都ノートルダム女子大学 人間・文化学部 英語英文学科 准教授|+|>|小山哲春|コミュニケーション学、語用論、社会言語学、言語人類学|京都ノートルダム女子大学 人間文化学部英語英文学科 教授|
|>|黒澤義明|言語情報処理|広島市立大学 情報科学研究科| |>|黒澤義明|言語情報処理|広島市立大学 情報科学研究科|
|>|岡本雅史|語用論、コミュニケーション論|立命館大学 文学部 准教授| |>|岡本雅史|語用論、コミュニケーション論|立命館大学 文学部 准教授|
Line 50: Line 51:
|>|呂佳蓉|日本語における擬音語・擬態語|国立台湾大学 語言学研究所 助理教授| |>|呂佳蓉|日本語における擬音語・擬態語|国立台湾大学 語言学研究所 助理教授|
|>|野澤元|意味論、発話行為論、進化心理学、神経心理学|京都外国語大学 専任講師| |>|野澤元|意味論、発話行為論、進化心理学、神経心理学|京都外国語大学 専任講師|
-|>|[[李 在鎬:http://jhlee.sakura.ne.jp/page5.html]]|構文文法、第二言語習得の理論的研究、コーパス言語学|筑波大学 人文社会系 准教授|+|>|[[李 在鎬:http://jhlee.sakura.ne.jp/page5.html]]|構文文法、第二言語習得の理論的研究、コーパス言語学|早稲田大学大学院日本語教育研究科 教授|
|>|[[金丸敏幸]]|認知言語学、語用論、コーパス言語学、自然言語処理|京都大学 国際高等教育院附属国際学術言語教育センター 准教授| |>|[[金丸敏幸]]|認知言語学、語用論、コーパス言語学、自然言語処理|京都大学 国際高等教育院附属国際学術言語教育センター 准教授|
|>|木原恵美子|構文文法、英語の形容詞と副詞|神戸大学 大学教育推進機構 国際コミュニケーションセンター| |>|木原恵美子|構文文法、英語の形容詞と副詞|神戸大学 大学教育推進機構 国際コミュニケーションセンター|
Line 67: Line 68:
|>|[[高嶋由布子]]|意味論、認知文法論、メタファーとメトニミー、知覚表現|日本学術振興会 特別研究員SPD(受入先:東京学芸大学 国際教育センター)| |>|[[高嶋由布子]]|意味論、認知文法論、メタファーとメトニミー、知覚表現|日本学術振興会 特別研究員SPD(受入先:東京学芸大学 国際教育センター)|
|>|年岡智見|構文論、フレーム意味論、英語の文法現象|龍谷大学 非常勤講師| |>|年岡智見|構文論、フレーム意味論、英語の文法現象|龍谷大学 非常勤講師|
-|>|[[小川典子]]|認知言語学、指示詞、副詞|富山高等専門学校 一般教養(本郷) 助教|+|>|[[小川典子]]|認知言語学、指示詞、副詞| |
|>|[[土屋智行>TsuchiyaTomoyuki]]|認知文法、コーパス言語学、定型表現|九州大学 言語文化研究院 助教| |>|[[土屋智行>TsuchiyaTomoyuki]]|認知文法、コーパス言語学、定型表現|九州大学 言語文化研究院 助教|
|>|[[中野研一郎]]|認知・主体化モード、認知文法論、言語・外国語習得論、認知文化論|関西外国語大学 短期大学部 准教授| |>|[[中野研一郎]]|認知・主体化モード、認知文法論、言語・外国語習得論、認知文化論|関西外国語大学 短期大学部 准教授|
Line 74: Line 75:
|>|[[奥垣内健>OkugakiuchiKen]]|認知言語学、形態論、語形成| | |>|[[奥垣内健>OkugakiuchiKen]]|認知言語学、形態論、語形成| |
|>|[[金光成>KimKwangSung]]|認知言語学、日本語複合動詞、日本語学、テキスト分析| | |>|[[金光成>KimKwangSung]]|認知言語学、日本語複合動詞、日本語学、テキスト分析| |
-|>|[[久保 圭>KuboKay]]|認知言語学、日本語学、否定、意味論、形態論|大阪大学/京都大学/龍谷大学/京都ノートルダム女子大学 非常勤講師| +|>|[[久保圭>KuboKay]]|認知言語学、日本語学、日本語教育|大阪大学/京都大学/龍谷大学/京都ノートルダム女子大学 非常勤講師| 
-|>|[[神澤克徳>KanzawaKatsunori]]|認知言語学、英語スピーキングテストの研究|京都工芸繊維大学 大学戦略推進機構 特任助教|+|>|[[神澤克徳:https://www.hyokadb.jim.kit.ac.jp/profile/ja.7fa0df662b348aeeb92303b09826e9a1.html]]|認知言語学、英語スピーキングテストに関する研究|京都工芸繊維大学 基盤科学系 助教|
|>|[[木本幸憲>KimotoYukinori]]|認知文法、英語学 (照応、可算性、定性)、Arta語(Austronesian)、言語類型論|日本学術振興会 特別研究員PD(受入先:名古屋大学大学院 国際言語文化研究科)| |>|[[木本幸憲>KimotoYukinori]]|認知文法、英語学 (照応、可算性、定性)、Arta語(Austronesian)、言語類型論|日本学術振興会 特別研究員PD(受入先:名古屋大学大学院 国際言語文化研究科)|
|>|[[田口慎也>TaguchiShinya]]|認知言語学、スペイン語学、日本語学、時制・時間表現| | |>|[[田口慎也>TaguchiShinya]]|認知言語学、スペイン語学、日本語学、時制・時間表現| |
Line 84: Line 85:
|>|[[中馬隼人>ChumanHayato]]|認知言語学、英語学、語形成| | |>|[[中馬隼人>ChumanHayato]]|認知言語学、英語学、語形成| |
|>|[[安在珉>AnJaeMin]]|認知言語学| | |>|[[安在珉>AnJaeMin]]|認知言語学| |
-|>|[[伊藤薫>ItouKaoru]]|認知言語学、レトリック、談話・テクスト言語学、コーパス言語学|京都大学/京都ノートルダム女子大学/大阪医科大学/京都工芸繊維大学 非常勤講師| +|>|[[伊藤薫>ItouKaoru]]|認知言語学、レトリック、談話・テクスト言語学、コーパス言語学|奈良先端科学技術大学院大学 研究員/京都工芸繊維大学 非常勤講師|
-|>|[[伊藤薫>ItouKaoru]]|認知言語学、レトリック、談話・テクスト言語学、コーパス言語学|京都大学/京都ノートルダム女子大学/大阪医科大学/京都工芸繊維大学 非常勤講師|+
|>|[[小松原哲太>KomatsubaraTetsuta]]|認知言語学、語用論、修辞学、コミュニケーション研究|立命館大学 言語教育センター 外国語嘱託講師| |>|[[小松原哲太>KomatsubaraTetsuta]]|認知言語学、語用論、修辞学、コミュニケーション研究|立命館大学 言語教育センター 外国語嘱託講師|
|>|[[佐々木英晃>Hideaki Sasaki]]|認知言語学、英語学、外国語教育|大阪府立北野高等学校 教諭| |>|[[佐々木英晃>Hideaki Sasaki]]|認知言語学、英語学、外国語教育|大阪府立北野高等学校 教諭|
 +|>|[[黒田一平>KurodaIppei]]|認知言語学、文字論、語彙論、語形成、若者言葉| |
 +|>|[[河野亘>KounoWataru]]|認知言語学| |
 +|>|[[齋藤隼人>SaitoHayato]]|認知言語学、談話・テクスト分析、外国語教育| |
 +|>|[[林智昭>HayashiTomoaki]]|認知言語学、英語学、外国語教育| |
 +|>|[[岩室汰一>Taichi Iwamuro]]|認知言語学、認識論、心理学、語用論| |
 +|>|[[吉川真未>Mami Yoshikawa]]|認知言語学、語用論、談話| |
 +|>|[[小野瑞貴>Mizuki Ono]]|認知言語学| |
 +|>|[[加藤遼>Ryo Kato]]|認知言語学| |
 +|>|[[須川恭至>Yasuyuki Sugawa]]|認知言語学| |
 +|>|[[宮崎聡子>Satoko Miyazaki]]|認知言語学| |
 +|>|[[菅谷友亮>SugayaYusuke]]|認知言語学、言語類型論、品詞論、談話分析| |
 +|>|[[斎藤幹樹>Motoki Saito]]|言語の認知処理プロセス。特に造語理解に貢献し得る要因の統計的推定。加えて言語表現の容認度とコーパス頻度の関係。| |


トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 66787, today: 11, yesterday: 32