4: 2016-12-14 (Wed) 23:49:24 tinoue source 5: 2017-04-17 (Mon) 15:53:07 tinoue source
Line 5: Line 5:
*研究内容 [#b29c0f6e] *研究内容 [#b29c0f6e]
 +"生態学的観点からの意味論・統語論研究"
 +
 +Reed(1996)
 +アイヌ語の言語復興に貢献するための理論言語学的基盤の構築
*学位論文 [#b29c0f6e] *学位論文 [#b29c0f6e]
Line 13: Line 17:
2014年9月 「北海道方言における「逆使役構文」に関する認知的考察」, 日本認知言語学会第 15回大会, 慶応義塾大学日吉キャンパス.~ 2014年9月 「北海道方言における「逆使役構文」に関する認知的考察」, 日本認知言語学会第 15回大会, 慶応義塾大学日吉キャンパス.~
2015年5月 「北海道方言における「逆使役構文」に関する認知的考察」, 日本認知言語学会論文集, 第15巻.~ 2015年5月 「北海道方言における「逆使役構文」に関する認知的考察」, 日本認知言語学会論文集, 第15巻.~
 +2016年12月 「アイヌ語の場所表現に関する記述的研究: 認知言語学的観点から」, 言語科学論集, 第22号: 1-23.~
 +(発表予定)2017年6月 「アイヌ語の場所表現に見られる定性に関する考察---英語のweak definiteとの比較を通して---」, 関西言語学会第42回大会, 京都大学吉田南キャンパス.~
 +(発表予定)2017年6月 「アイヌ語沙流方言の場所表現における「場所名詞」に関する研究」, 日本言語学会第154回大会, 首都大学東京.~
 +(発表予定)2017年7月 "“Place” in the Ainu language: a View from Reference Point Structure and Affordance Theory", the 14th International Cognitive Linguistics Conference, University of Tartu, Estonia.~
*フォーラム、自主ゼミ等 [#b29c0f6e] *フォーラム、自主ゼミ等 [#b29c0f6e]
2013年10月17日 「北海道方言のラサル構文に関する認知言語学的考察―アフォーダンスの観点から―」~ 2013年10月17日 「北海道方言のラサル構文に関する認知言語学的考察―アフォーダンスの観点から―」~


Front page   Diff Backup Copy Rename Reload   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 3584, today: 3, yesterday: 1