74: 2019-06-21 (Fri) 10:16:50 tokahisa source Cur: 2022-02-18 (Fri) 12:09:13 tokahisa source
Line 1: Line 1:
-Last updated on April 4, 2019+ご訪問頂き、誠にありがとうございます。このページは2020年3月以降更新されていません。最新の情報を知りたい方は以下のページに移動してください。 
 +[[https://sites.google.com/site/tarookahisajp]] 
 + 
 +Thank you for visiting my page. However, this page has not updated since March 2020. For the latest information, please go to the following page: 
 +[[https://sites.google.com/site/tarookahisa]]
*English CV[#b29c0f6e] *English CV[#b29c0f6e]
Line 16: Line 20:
''2016年3月'' 京都大学大学院 人間・環境学研究科 言語科学講座 修士課程 修了~ ''2016年3月'' 京都大学大学院 人間・環境学研究科 言語科学講座 修士課程 修了~
''2016年4月'' 京都大学大学院 人間・環境学研究科 言語科学講座 博士後期課程 入学~ ''2016年4月'' 京都大学大学院 人間・環境学研究科 言語科学講座 博士後期課程 入学~
 +''2020年3月'' 京都大学大学院 人間・環境学研究科 言語科学講座 博士後期課程 研究指導認定退学~
**職歴 [#w3fd3131] **職歴 [#w3fd3131]
''2015年4月~2016年3月'' 京都大学 人間・環境学研究科 ティーチング・アシスタント~ ''2015年4月~2016年3月'' 京都大学 人間・環境学研究科 ティーチング・アシスタント~
-''2016年4月~2017年3月'' 京都大学 国際高等教育院附属 日本語・日本文化教育センター ティーチング・アシスタント~+''2016年4月~2017年3月'' 京都大学 国際高等教育院附属 日本語・日本文化教育センター 留学生対象の課外授業担当~
''2016年11月~2018年3月'' 奈良先端科学技術大学大学院 ソーシャル・コンピューティング研究室 研究技術員~ ''2016年11月~2018年3月'' 奈良先端科学技術大学大学院 ソーシャル・コンピューティング研究室 研究技術員~
''2018年1月~2019年3月'' 京都大学 情報学研究科 リサーチ・アシスタント~ ''2018年1月~2019年3月'' 京都大学 情報学研究科 リサーチ・アシスタント~
-''2019年5月~現在'' 京都大学 情報学研究科 リサーチ・アシスタント~ +''2018年4月~2020年3月'' 日本学術振興会 特別研究員(DC2)~ 
-''2018年4月~現在'' 日本学術振興会 特別研究員(DC2) +''2019年5月~2019年8月'' 京都大学 情報学研究科 リサーチ・アシスタント~ 
 +''2020年1月~2020年3月'' 京都大学 情報学研究科 リサーチ・アシスタント~
*研究内容 [#b29c0f6e] *研究内容 [#b29c0f6e]
Line 36: Line 41:
-''&font(u){ 岡久太郎};'', 久保圭, 水谷勇介, 河原大輔, 黒橋禎夫「クラウドソーシングにより収集した語釈文を基にした単語の基本度推定」『言語処理学会 第25回年次大会 発表論文集』1499–1502. 2019. -''&font(u){ 岡久太郎};'', 久保圭, 水谷勇介, 河原大輔, 黒橋禎夫「クラウドソーシングにより収集した語釈文を基にした単語の基本度推定」『言語処理学会 第25回年次大会 発表論文集』1499–1502. 2019.
[[pdf:http://www.anlp.jp/proceedings/annual_meeting/2019/pdf_dir/C6-3.pdf]] [[pdf:http://www.anlp.jp/proceedings/annual_meeting/2019/pdf_dir/C6-3.pdf]]
 +-Daisaku Shibata, Kaoru Ito, Hiroyuki Nagai, ''&font(u){Okahisa, Taro};'', Ayae Kinoshita, Eiji Aramaki:Idea density in Japanese for the early detection of dementia based on narrative speech, '''PLOS ONE''' 13(12): e0208418.
-''&font(u){ 岡久太郎};'', 柴田大作, 伊藤薫, 荒牧英治「聞き手の推定した話者の語彙量と話し手のTTRとの乖離に関する検討」『言語処理学会 第24回年次大会 発表論文集』320–323. 2018. [[pdf:http://anlp.jp/proceedings/annual_meeting/2018/pdf_dir/C2-3.pdf]] -''&font(u){ 岡久太郎};'', 柴田大作, 伊藤薫, 荒牧英治「聞き手の推定した話者の語彙量と話し手のTTRとの乖離に関する検討」『言語処理学会 第24回年次大会 発表論文集』320–323. 2018. [[pdf:http://anlp.jp/proceedings/annual_meeting/2018/pdf_dir/C2-3.pdf]]
-''&font(u){Okahisa, Taro,};'' and Ayako Shirose. Influence of hand gestures on prosodic disambiguation of syntactically ambiguous phrases. '''Acoustical Science and Technology''' 39(2). 171–174. 2018.[[pdf:https://doi.org/10.1250/ast.39.171]] -''&font(u){Okahisa, Taro,};'' and Ayako Shirose. Influence of hand gestures on prosodic disambiguation of syntactically ambiguous phrases. '''Acoustical Science and Technology''' 39(2). 171–174. 2018.[[pdf:https://doi.org/10.1250/ast.39.171]]
Line 46: Line 52:
*研究発表 [#b29c0f6e] *研究発表 [#b29c0f6e]
-''&font(u){Okahisa, Taro};''. and Yamasaki, Kaori. “The two ways to the same interpretation of a novel expression: metaphorical and metonymical categorization”. ~ -''&font(u){Okahisa, Taro};''. and Yamasaki, Kaori. “The two ways to the same interpretation of a novel expression: metaphorical and metonymical categorization”. ~
-(The 15th International Cognitive Linguistics Conference. Hyogo, Japan. Oral presentation. Scheduled for August 2019.)+(The 15th International Cognitive Linguistics Conference. Hyogo, Japan. Oral presentation. August 2019.)[[Abstract:https://iclc2019.site/wp-content/uploads/abstracts/categorization/ICLC-15_paper_603.pdf]]
-''&font(u){ 岡久太郎};'', 久保圭, 水谷勇介, 河原大輔, 黒橋禎夫「クラウドソーシングにより収集した語釈文を基にした単語の基本度推定」~ -''&font(u){ 岡久太郎};'', 久保圭, 水谷勇介, 河原大輔, 黒橋禎夫「クラウドソーシングにより収集した語釈文を基にした単語の基本度推定」~
(言語処理学会第25回年次大会, 口頭発表, 2019年3月) (言語処理学会第25回年次大会, 口頭発表, 2019年3月)
Line 85: Line 91:
*フォーラム・自主ゼミ等 [#b29c0f6e] *フォーラム・自主ゼミ等 [#b29c0f6e]
 +-「統語境界を示す韻律的特徴について」(2019年6月フォーラム)
-「認知言語学における記号的言語観とは」(2018年5月フォーラム) -「認知言語学における記号的言語観とは」(2018年5月フォーラム)
-「状況に依存した構文使用: 教育が言語知識に与える影響を考慮して」(2018年4月フォーラム) -「状況に依存した構文使用: 教育が言語知識に与える影響を考慮して」(2018年4月フォーラム)


Front page   Diff Backup Copy Rename Reload   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 9398, today: 1, yesterday: 2