115: 2018-04-01 (日) 21:56:57 msekine ソース 116: 2018-04-06 (金) 18:52:39 kkambara ソース
Line 5: Line 5:
|RIGHT:''名''|LEFT:''前  ''  |''研 究 分 野''|''備 考''|h |RIGHT:''名''|LEFT:''前  ''  |''研 究 分 野''|''備 考''|h
|>|>|>|''博士3''| |>|>|>|''博士3''|
-|>|[[菅谷友亮>SugayaYusuke]]|認知言語学、言語類型論、品詞論、談話分析|日本学術振興会 特別研究員DC|+|>|[[井上拓也>Takuya Inoue]]|認知言語学、生態心理学、アイヌ語| | 
 +|>|[[岡久太郎>Taro Okahisa]]|認知言語学、語用論、コミュニケーション研究、マルチモーダル分析、国語教育|日本学術振興会 特別研究員(DC2)|
|>|[[小川陽香>Haruka Ogawa]]|翻訳学、バイリンガリズム、言語習得、認知言語学、構文文法| | |>|[[小川陽香>Haruka Ogawa]]|翻訳学、バイリンガリズム、言語習得、認知言語学、構文文法| |
-|>|[[斎藤幹樹>Motoki Saito]]|言語の認知処理プロセス。特に造語理解に貢献し得る要因の統計的推定。加えて言語表現の容認度とコーパス頻度の関係。|日本学術振興会 特別研究員(DC2)| 
|>|[[田丸歩実>Ayumi Tamaru]]|認知言語学、修辞学、メタファー| | |>|[[田丸歩実>Ayumi Tamaru]]|認知言語学、修辞学、メタファー| |
|>|[[藤田亜弓>Ayumi Fujita]]|認知言語学、スペイン語学、ムード・モダリティ、神経心理学| | |>|[[藤田亜弓>Ayumi Fujita]]|認知言語学、スペイン語学、ムード・モダリティ、神経心理学| |
|>|>|>|''博士2''| |>|>|>|''博士2''|
-|>|[[井上拓也>Takuya Inoue]]|認知言語学、生態心理学、アイヌ語| | 
-|>|[[岡久太郎>Taro Okahisa]]|認知言語学、語用論、コミュニケーション研究、マルチモーダル分析、国語教育| | 
-|>|>|>|''博士1''| 
|>|[[永井宥之>Hiroyuki Nagai]]|認知言語学、日本語学、エビデンシャリティ| | |>|[[永井宥之>Hiroyuki Nagai]]|認知言語学、日本語学、エビデンシャリティ| |
|>|[[西村綾夏>Ayaka Nishimura]]|認知言語学、構文文法、物語論、文体論| | |>|[[西村綾夏>Ayaka Nishimura]]|認知言語学、構文文法、物語論、文体論| |
-|>|>|>|''修士2''+|>|>|>|''博士1''|
-|>|[[石田育子>Ikuko Ishida]]|認知言語学、英語教育| |+
|>|[[井上優大>Yudai Inoue]]|認知言語学、認知文法、語用論、情報構造| | |>|[[井上優大>Yudai Inoue]]|認知言語学、認知文法、語用論、情報構造| |
-|>|[[春日悠生>Yuki Kasuga]]|日本語終助詞の記述、福岡県久留米市方言の記述、認知言語学、相互行為言語学| |+|>|[[春日悠生>Yuki Kasuga]]|日本語終助詞の記述、福岡県久留米市方言の記述、認知言語学、相互行為言語学|日本学術振興会 特別研究員(DC1)|
|>|[[神原一帆>Kazuho Kambara]]|認知言語学、コーパス言語学、認知科学| | |>|[[神原一帆>Kazuho Kambara]]|認知言語学、コーパス言語学、認知科学| |
|>|[[佐藤雅也>Masaya Sato]]|実験語用論| | |>|[[佐藤雅也>Masaya Sato]]|実験語用論| |
|>|[[田中悠介>Yusuke Tanaka]]|メンタル・シミュレーション、共感、認知文法| | |>|[[田中悠介>Yusuke Tanaka]]|メンタル・シミュレーション、共感、認知文法| |
-|>|>|>|''修士1''|+|>|>|>|''修士2''
 +|>|[[石田育子>Ikuko Ishida]]|認知言語学、英語教育| |
|>|[[酒井啓史>Hirofumi Sakai]]|認知言語学| | |>|[[酒井啓史>Hirofumi Sakai]]|認知言語学| |
|>|[[佐藤嘉晃>Yoshiaki Sato]]|認知言語学| | |>|[[佐藤嘉晃>Yoshiaki Sato]]|認知言語学| |
|>|[[関根雅晴>Masaharu Sekine]]|認知言語学、日本語学、方言学| | |>|[[関根雅晴>Masaharu Sekine]]|認知言語学、日本語学、方言学| |
 +|>|>|>|''修士1''|
 +|>|[[緒方悠介>Yusuke Ogata]]|認知言語学| |
 +|>|[[森夏輝>Natsuki Mori]]|認知言語学| |
 +|>|[[近大志>Taishi Chika]]|認知言語学| |
 +|>|[[樊毓>Fan Yu]]|認知言語学| |
**卒業生 [#q3592f23] **卒業生 [#q3592f23]
Line 96: Line 98:
|>|[[須川恭至>Yasuyuki Sugawa]]|認知言語学| | |>|[[須川恭至>Yasuyuki Sugawa]]|認知言語学| |
|>|[[宮崎聡子>Satoko Miyazaki]]|認知言語学| | |>|[[宮崎聡子>Satoko Miyazaki]]|認知言語学| |
 +|>|[[菅谷友亮>SugayaYusuke]]|認知言語学、言語類型論、品詞論、談話分析| |
 +|>|[[斎藤幹樹>Motoki Saito]]|言語の認知処理プロセス。特に造語理解に貢献し得る要因の統計的推定。加えて言語表現の容認度とコーパス頻度の関係。| |


トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 66093, today: 6, yesterday: 29