12: 2012-04-28 (Sat) 23:48:01 ysugaya source 13: 2012-06-23 (Sat) 00:09:12 ysugaya source
Line 35: Line 35:
***4月26日 言語フォーラム 「形容詞の概念的特徴の記述・分析・分類ー結合性とスケール性を中心にー」 [#w894e54b] ***4月26日 言語フォーラム 「形容詞の概念的特徴の記述・分析・分類ー結合性とスケール性を中心にー」 [#w894e54b]
-Langacker (2008など)では、形容詞の特徴付けに「非時間性」「スケール」「ドメイン」「中間的存在」を含む。それに関わって、本論では結合性・スケール性(・時間性)に関して、それぞれに関連する先行研究を紹介しつつ、批判的検討をして、独自に記述・分析し、必要であれば下位分類を行う。+Langacker (2008など)では、形容詞の特徴付けに「非時間性」「スケール」「ドメイン」「中間的存在」を含む。それに関わって、本論では結合性・スケール性(・時間性)に関して、それぞれに関連する先行研究を紹介しつつ、批判的検討をして、独自に記述・分析し、必要に応じて下位分類を行う。 
 + 
 +***6月21日 言語フォーラム 「スケールの意味解釈のための語用論的基盤と認知的基盤ー形容詞の下位構造の精緻化に向けてー」 [#aac3f6b0] 
 + 
 +形容詞への範疇下の異質性の要因を、スケール性のあり方を基準にして見出す。大きく(非)スケール解釈の選択の問題、スケールの対比と非対称性の問題があり、Sapir (1944)を援用しつつ、Langacker (1987など)のdomainの概念を基礎とし、スケール解釈におけるdomainの競合と高次化のしかたが、それぞれの違いの背景にあると考える。
**研究論文 [#n2d1e8e1] **研究論文 [#n2d1e8e1]


Front page   Diff Backup Copy Rename Reload   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 7422, today: 1, yesterday: 0